« ついにFacebook Phoneが登場 | トップページ | 結局は割安なときに投資するしかない »

楽天証券が戒告処分

楽天証券が東証と大証から怒られたようです。

東京、大阪両証券取引所は17日、信用取引の保証金の管理に問題があったとして、インターネット証券大手の楽天証券(東京)を戒告処分にした。併せて改善報告書の提出も求めた。
>>楽天証券を戒告処分=保証金管理に問題-東証と大証

あくまで戒告なので文句を言われたレベルですが、ちょっと意外です。
ここ数日、証券各社は大証の制度変更にあたふたしていましたから、忙殺されてしまったんですかね。
楽天証券のトップページでは緊急アンケートまで行っています。

楽天証券:信用取引の制度やルールに関する緊急アンケートを実施

J-GATEのゴタゴタで色々トラブっていましたから、そのドサクサで「なっちゃった」のかも知れません。
故意にやったわけではなさそうです。
だから戒告なのでしょうし。

今日大証の人とお会いしたのですが、大証の内部でも多少の混乱はあるようです。
結構大きな変更でしたから。
暫くすれば落ち着くだろうとの事です。
確かに。

1ヶ月位すれば落ち着くでしょう。
先物系は暫く慎重にやったほうがよさそうです。

ちなみに3月から、個人投資家にも個別株オプション解禁されます
今まで機関投資家や一部のプロしか売買できなかったのですが、開放することにしたようです。

東京証券取引所:オンライン証券4社が有価証券オプション(愛称「かぶオプ」)の取扱いを開始します

こちらはまあ混乱は無いでしょう。
なお、お金さえあれば個人投資家でもプロになれます。

|

« ついにFacebook Phoneが登場 | トップページ | 結局は割安なときに投資するしかない »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/50901824

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天証券が戒告処分:

« ついにFacebook Phoneが登場 | トップページ | 結局は割安なときに投資するしかない »