« 銀行と携帯電話 - インドの場合 | トップページ | 技術者の採用が活発化 »

ソーシャルネットワークを見てきた

本日、ソーシャルネットワークなる映画を見てきました。
世界最大のSNSサイト、Facebookのお話です。
メインは創業者であるマーク・ザッカーバーグがどのような経緯でFacebookを作ったのか、その過程でどういった人達と揉めたのかが描かれています。

世界四季報:中国とFacebook帝国の人口比較

相変わらず予告編と本編に差があります。
映画本編はとにかく会話が多く、ワード数が通常の映画の3倍位あります。
英語の勉強がしたい人はちょうど良いかも。

内容はいまひとつ。
時間軸が入り組んでいる為、見るのはちょっと大変です。

知らなかったのはFacebookの成長にNapsterの創業者であるショーン・パーカーが噛んでいた事です。
随分と口が達者でヘッジファンドから金を出させまくっていたようです。
不安だ…。

|

« 銀行と携帯電話 - インドの場合 | トップページ | 技術者の採用が活発化 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/50605889

この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャルネットワークを見てきた:

« 銀行と携帯電話 - インドの場合 | トップページ | 技術者の採用が活発化 »