« 米国でも"失業者"が減りだした | トップページ | 今期の決算も引当金頼み - 本業を覆い隠す会計操作 »

隣りの芝生は青い - 歴代の就職人気ランキング

今年の就職ランキングが公表されました。
相変わらず利益率の低い会社ばっかり。
2番目とか4番目とかやばいんじゃないですかね。

2011年就職ランキング

日本経済新聞:学生、大手志向強める 商社や銀行の順位上昇
asahi.com:人気企業はやっぱり「大手・安定」 大学生就職先ランク

学生の就職希望先は、今も昔も大企業です。
今の学生は安定志向で大企業思考だと言われていますが、大企業が上位に食い込むのは昔からです。

こちら↓は45年も前の就職人気ランキングです。
顔ぶれは今とほとんど変わっていません。

過去の就職ランキング

就職ジャーナル:就職志望企業ランキングの変遷
就職・転職情報ナビ:過去30年の就職人気企業ランキング

大正海上は今の三井住友海上三和銀UFJ銀の母体です。
東洋レーヨン東レの旧名で、東1部上場、創業85年の化繊の老舗です。
1964年にポリエステル製の服を作り一躍有名になったとか。
やっていることは今とぜんぜん変わりませんね。

この頃就職した人は63~67歳です。
「安定志向な若者が増えた」とか言っているおじちゃんや編集長も多いですが、彼らの時もまったく同じ様なことを言われたのではないでしょうか。

池田信夫さんもツイッターで「近頃の学生は~」的な事を言っていたそうですが、言うのも言われるのもいつもの事です。
ちなみに彼の時のランキング1位はJALだそうです。
おやおや。

アメーバニュース:今の学生がバカだから就職難になっているとの説が出る

結局「隣の芝生は青い」のです。
大企業は必然的に囲いが大きいですから、"隣り"の人も多くなります。
ですからパッと見、なんかよさそうに見えるわけです。
私の知る限り、囲いの中は意外と手入れができていないものなのですが。

まあ何でも経験です。
色々やって色々見れば、見えてくるものもあるでしょう。
どこにいようと"やりたい事"に向かってがんばれるかが大事なのだと思います。

運よく大企業に入れた人は頭を垂れて爪を研ぎ、中小企業では最前線で打ちまくれば良いのです。
ランキングだけを見て議論はできません。

リスクは常に存在します
どんな好景気でも一寸先は闇ですが、どんな不景気でも光明が差しています
チャンスを伺い、常に志を忘れずにいる人が多ければ、この国の未来も捨てたものではないでしょう。

理経済:運は掴むもの① - 運と努力

|

« 米国でも"失業者"が減りだした | トップページ | 今期の決算も引当金頼み - 本業を覆い隠す会計操作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/50562466

この記事へのトラックバック一覧です: 隣りの芝生は青い - 歴代の就職人気ランキング:

« 米国でも"失業者"が減りだした | トップページ | 今期の決算も引当金頼み - 本業を覆い隠す会計操作 »