« マイクロファイナンスの功罪 | トップページ | 米国債に悲観論 »

意外に早くフェースブックが上場しそう

フェースブックが上場しそうです。
もっと引っ張るかと思っていたので予想外です。

ザッカーバーグCEOはますます多くの投資家を集めている。従業員を含め、こうした投資家はいずれ出口を求めるだろう。この投資家基盤に証券監督当局が関心を寄せ、その急拡大を理由にフェイスブックに株式公開を迫る可能性もある。
>>【コラム】フェイスブックのIPOは既定路線

ゴールドマンが煽っているというような見方もあるようです。
あのゴールドマンですから強ち間違いではないでしょう。

Market Hack:下心見え見えのゴールドマン

個人的には知名度や会員数が少ないTwitter社の方が先に上場すると思っていたので、SNSの頂点にいる彼らが資金調達を急いでいるというのは少し不思議です。
周りの圧力が強いのでしょう。
まあ今は油が乗っているので資金調達自体は悪くないかもしれません。
重要なのはその後なのですが。

理経済:流行りと廃り① - Twitterの将来

年間売上高が高々20億$の会社に500億$の値がつくなんて異常です。
仮に純利益率50%でもPERは約50倍
確かに百度のように強烈なPERを持つ銘柄もありますが、ちょっと手が出ません。

必要の無い資金調達をさせられ、ファースブック側にとっては微妙なディールになりそうです。

|

« マイクロファイナンスの功罪 | トップページ | 米国債に悲観論 »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/50504547

この記事へのトラックバック一覧です: 意外に早くフェースブックが上場しそう:

« マイクロファイナンスの功罪 | トップページ | 米国債に悲観論 »