« お金がさっぱり回らない | トップページ | ソーシャルネットワークを見てきた »

銀行と携帯電話 - インドの場合

ここ数年、インドでは携帯電話が急激に普及しています。
割合で言うと10人に6人は携帯を持っています。
後4億人もの市場があると考えると、今後のインドの携帯市場も注目ですね。

特に地方は普及率が低く、ここに力を入れているBhartiVodafoneの将来性はすばらしいです。
後発組ながら急激にシェアを伸ばしているタタにも注目です。

インド地方部における携帯電話シェア

TRAI:TRAI Annual Report 2009-10 PDF
MEMORVA:インド国内の通信事業者の携帯電話加入件数・シェア(2010年)
SurveyReport:インド携帯電話市場の予測

NTTドコモタタ・テレサービスくっ付く事にしましたが、とても良い判断ですね。
インドではテレビ(ケーブルTV)の普及率も高くなく、特に北東部や北西部はがら空きです。

インドのケーブルテレビ普及状況

日本のワンセグ機能みたいにテレビなしでもテレビ番組を見られるようにすれば、テレビ普及率の低さも追い風になるでしょう。
ついでに動画配信制度も手入れすれば、インターネットテレビの一歩先を行けるでしょう。

さらに、インドでは銀行と携帯会社が結託し、銀行ビジネスに使おうとしています。
その辺は日本よりも進んでいるかもしれません。

The ventures, if successful, may help banking reach millions who still don’t have bank accounts but have access to mobile telephones.

(中略)

But they’ve already got competition. ICICI Bank, India’s largest private sector bank, and Vodafone Essar, also announced on Wednesday that they would jointly offer a bouquet of financial products such as savings accounts, pre-paid instruments and credit products to Vodafone mobile customers.
>>Your Mobile Is Now Your Bank

ビジネスの最前線はいつもダイナミックで面白いですね。
銀行口座を持っていない人が、携帯電話を通じて銀行決済ができるなんてすごい事です。
成功すれば数百万どころか数億単位で狙えます

またボーダフォンが、携帯電話を通じて銀行決済や手形決済ができるようにすると言っています。
携帯電話で証券取引ができるようになったのは、日本だってここ数年の話なのに、彼らの進歩は猛烈です。
いや、たまげました。

日本ももっともっと金融とネットが結びついてほしいですね。
手形の決済や金融系の証書が手軽に自宅から入手できたり、海外送金がもっと安くできるようになってほしいものです。

IBN vs VOD vs ^DJI

Yahoo! Finance:ICICI Bank Ltd. (IBN)Vodafone Group plc (VOD)

|

« お金がさっぱり回らない | トップページ | ソーシャルネットワークを見てきた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/50597433

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行と携帯電話 - インドの場合:

« お金がさっぱり回らない | トップページ | ソーシャルネットワークを見てきた »