« 欧州の新車販売シェアで日本が後退 | トップページ | twitter社の売り上げが急増 »

また変な規制を作る国 - 新会計士の強制採用規制

また国が変な規制を作っています。
公認会計士就職難になっている最中、自分達が作った新資格を企業に強烈に売り込んでいます。

金融庁は上場企業に対して、社内で会計の専門家をどのように活用しているか報告を義務付ける方針だ。公認会計士や2013年から導入する「企業財務会計士」について、採用や活用の状況について有価証券報告書などで開示を求める
>>会計専門家活用、上場企業に報告を義務付け 金融庁

何人採れとは言っていませんが、態々情報開示させると言う事は採用実績0人というのは許さないという意思表示なのでしょう。
民間では、就職できなかった会計士試験通過者を中国に留学させたりして、何とかしのごうとしているのに。

日本経済新聞:あずさ監査法人、未就職会計士の中国留学を支援
理経済:公認会計士も就職難

まあこれも体のいい口減らしのような気もしますが。

新資格を普及させたいのはわかりますが、だったら外国と提携して「この国でも使えます」というような付加をつけたりして、魅力的なものにすれば良いはずです。
魅力が無いものを無理やり押し付けても失敗するだけです。

こういう訳のわからない規制をバリバリ作っているから国に閉塞感が出るのです。
そんなもの民間に任せとけば良いのです。
箸の上げ下げまで国に指示されたくありません。
政治主導は肝心なところに行き届いていないようです。

|

« 欧州の新車販売シェアで日本が後退 | トップページ | twitter社の売り上げが急増 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/50681553

この記事へのトラックバック一覧です: また変な規制を作る国 - 新会計士の強制採用規制:

« 欧州の新車販売シェアで日本が後退 | トップページ | twitter社の売り上げが急増 »