« 債権連合の色が濃くなるヨーロッパ | トップページ | 最初の貸し手の変貌 »

「世界の投信王」なるものがあるそうな

日興やマネックス証券が共同で行っている仮想投信ゲームがあるそうです。
先日、突然DMが来て驚きましたが、選べる幅が比較的多く結構面白そうです。

世界の投信王

仕組みは簡単で、現金や各国指数に好きに割り振りそれが期間内でいくら儲けたかを競うゲームです。
以前も似たようなのがありましたが、こちらは投信専門で個別株は指定できません。

また投信がメインなので、ポートフォリオに入れられる各国指数の割合は、最大で30%です。
ブログからの参加できるようなので、私的には使いやすいです。
成功すればブログの宣伝にもなるしhappy01

ほんの数日前から始めたため、リターンは±0%。
なのに順位は上から4割くらいです。
皆さん苦戦しているんですね。

さて、私のポートフォリオはこんな↓感じです。

Photo

工業系の国、資源関係の国が多いです。
米国には悲観的なので入っていません。
韓国には工業、インドネシアにはイスラム金融(ジャカルタ指数は金融メイン)と資源に期待です。
イスラエルは医薬品など。
より貧乏な人に受け易い強みを持つ国で構成しています。

ING投信株式会社:ING・インドネシア株式ファンド PDF

新興国だらけで値動きが荒そうですが、はてさてどうなる事やら。

|

« 債権連合の色が濃くなるヨーロッパ | トップページ | 最初の貸し手の変貌 »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/50194451

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界の投信王」なるものがあるそうな:

« 債権連合の色が濃くなるヨーロッパ | トップページ | 最初の貸し手の変貌 »