« 最初の貸し手の変貌 | トップページ | 人付き合いも大変だ - 飲みニケーションとSNA »

出し抜かれる日本

先日、日本はTPPの交渉会議ではぶられました。
まあTPPに参加を表明していない国が交渉のテーブルをわきで見ている事は難しいでしょう。
他国の反応は当然と言えば当然です。
そんなことを言っているうちに、お隣の韓国は米国とFTAを結んでいます

米韓両国が自由貿易協定(FTA)締結に合意した。欧州連合(EU)とのFTAが来年7月に発効する韓国は、巨大市場の米国でも段階的な関税撤廃などにより有利な競争条件を獲得することになった
>>米韓FTA:産業界、募る焦り 強まる自由化圧力

Bloomberg:米韓FTA交渉で合意:自動車関税引き下げ先延ばし-牛肉は見直さず

完全に出し抜かれた格好です。

韓国だってヒュンダイ等の自国の自動車産業がありますし、消費財の関税を下げればP&Gや食品企業からの猛攻が国内の産業を圧迫する可能性があります。

しかしそれを考慮しても自由貿易を進める方が韓国にとってメリットがあると考えたのですね。
韓国も貿易黒字国で、様々な製品を海外に輸出しているわけですから、多少のリスクをとってでも打って出たようです。

日本も彼らと同様輸出メインの国なのですが、中々自由貿易に踏み切れません。
日本が戦争したのは保護貿易の所為、復活したのは自由貿易のおかげです。
これだけが原因ではありませんが、大きな意味があったのは確かです。

そのはずなのですが、日本自信は保護主義にご執心のようです。
自分の主張ばかり押し付けていては、貿易相手国に渋い顔をされるのはわかっているのですが。
そうやってもめている内に、いつの間にか追い抜かれてしまいそうです。

|

« 最初の貸し手の変貌 | トップページ | 人付き合いも大変だ - 飲みニケーションとSNA »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/50222114

この記事へのトラックバック一覧です: 出し抜かれる日本:

« 最初の貸し手の変貌 | トップページ | 人付き合いも大変だ - 飲みニケーションとSNA »