« APECを見に行きました | トップページ | 公認会計士も就職難 »

危機は忘れた頃にやってくる

以前問題になったドバイショック
私の記憶から薄れつつあった話題ですが、問題自体は解決していないようです。

関係筋によると、ドバイの金融サービス会社ドバイ・グループが最近、2件のローンについて期日に返済できなかったことが明らかになった。そのうち1件はシティバンクがアレンジしたローンだという。
>>ドバイ・グループ、期日に2件のローン返済ができず=関係筋

たった2件の返済が滞っただけですが、これも立派なデフォルトです。
払うといった日に約束を守れなかったのですから、信用に傷がつきます。
これに対する格付け機関のコメントは無いようですが、各国の資金繰り問題は解決していないようです。

最近はPIGSのニュースもめっきり減りました
googleニュースで調べても「豚が町に突撃!」とか「400匹の豚を処分」とか世界経済にはまったく関係ないネタしか引っかかりません。
ほんの数ヶ月前はどの新聞もエコノミストも、この世の終わりみたいに騒いでいたのに。

どんな危機もそうですが、得てして不意をつかれた時に悪い事象は危機へと昇華します
忘れた時にやって来るからこそ危機であり、予めわかっていたのなら被害はあってもあまり危機とはならないでしょう。

中国の不動産バブルも万博前には騒がれていましたが、最近ではインフレ率の話ばかりで不動産価格の高騰は取り合えず放置です。
中国国内では不動産への融資がかなりのものになっているようなのですが。

ロイター通信:中国の4大銀行、不動産開発業者向け新規融資を年内停止
Bloomberg:最も魅力的な投資先は中国、不動産バブルでも

米国のサブプライムローン問題だって、3,4年前から懸念されていましたが、ずっと忘れ去られていました。

現在米国の金融緩和により、世界的に不況脱却ムードですが、もうちょっと良く考えてみる必要がありそうです。
人がうかれている時ほど慎重に、人が嘆いている時ほど大胆に
危機にならないよう、個人も常に冷静な目を持たねばならないようです。

|

« APECを見に行きました | トップページ | 公認会計士も就職難 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/50032061

この記事へのトラックバック一覧です: 危機は忘れた頃にやってくる:

« APECを見に行きました | トップページ | 公認会計士も就職難 »