« 漫画「トリコ」が面白い - 作者と読者 | トップページ | このアニメ面白いな~ - 俺の妹がこんなに可愛いわけがない »

市場に思い知らせなければ介入なんて意味が無い

円高がどんどん進んでいます。
"史上最大の介入"なんて無かったかのような円高ぶりです。

11日の外国為替市場では、米ドルが一時、円に対して15年ぶりの安値水準を更新し81.40円をつけた。米連邦準備理事会(FRB)の追加緩和観測のほか、為替に関して国際的な合意が形成されていないことで、ドル売りが膨らんだ。
>>米ドルが一時81.40円に下落、為替の国際合意欠如で

10月頭の介入で、日銀が平均いくらでドル買いしたか知りませんが、仮に83円とすると既に1.5%程含み損を抱えている計算になります

結局、たった2週間で300億円もの含み損を抱える事になりました。
一体何のための介入だったんですかね。

市場と言うものは面白いもので、思い通りに動かそうとすると動きませんが、何も考えないで流れに従うと結構思った通りに動きます
史上最大の介入と言っても高々2兆円。
一日100兆円が動く為替相場では大した力はありません。

特に今回は介入しそうだと言う噂がずっと流れており、市場関係者もずっと介入時期と水準の予想ばかりしていました。
これでは本当に介入したとしても、市場にとっては単なる通過儀礼になってしまい、驚きも駆け引きもありません

だいたい、テレビに金融関係者がぞろぞろ出てきて、一つのテーマでガヤガヤ話している時は、市場はその事を織り込んでいる時です。
後からノコノコ出てきて実行しても、何の意味もありません。
押し目になるだけで、ただの無駄遣いです。

これを打開するためには2通りの手法しかありません。
一つは市場の流れに従う事です。

円高基調ならそれに決して逆らわず、相場が拮抗するまで待ちます。
介入はそうなった時にこそ行うべきであり、綱引きの綱に切れ目を入れるような行為をするべきです。

後は市場が勝手に動いてくれるでしょう。
長期投資家の手法を見ていると、単純な逆張りではなく、このような潮目を感じ取る感覚が優れているように見えます

もう一つは市場を出し抜く事です。
例えば円買い介入するとか。

市場は円売り介入する事を前提に話を進めています。
そこに大量の円買いが入れば市場は混乱し、一時的に大きく円高に傾くでしょう。
そこで今度は一気に反対売買を行い、ついでに円売りを行います
売った円分の現物は、日銀が新規にお札を刷って差し入れます。

これは特に仕手で行われる手法で、株価操縦(為替操縦)として槍玉に挙げられかねません。
しかしそもそも介入だって株価操縦の一種なのですから、多少の批判は折込済みです。

円高を狙っていた国内のFXトレーダーや、外資系ヘッジファンドは大損をこきます。
下手するとFX破産する人もいるかもしれませんが、そういった犠牲の下、大量の反対売買(円売り)が行われ一気に円安に傾くでしょう
そうすれば彼らも、日銀の怖さを多少は理解するはずです。

市場は駄々っ子のようなもので、親に厳しく叱られ、思い知ってこそちょっとだけ言う事を聞くようになります。
彼らを出し抜けないようでは、日銀も政府もなめられっぱなしで、市場にブンブン振り回されるでしょう。

政府や日銀の中には優秀な金融屋はいないんですかね。
今井雅人とかに介入担当とかやらせてみれば良いのに。
榊原英資よりよっぽどうまそうなのですが。

|

« 漫画「トリコ」が面白い - 作者と読者 | トップページ | このアニメ面白いな~ - 俺の妹がこんなに可愛いわけがない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/49714695

この記事へのトラックバック一覧です: 市場に思い知らせなければ介入なんて意味が無い:

« 漫画「トリコ」が面白い - 作者と読者 | トップページ | このアニメ面白いな~ - 俺の妹がこんなに可愛いわけがない »