« 歴史は繰り返す④ - そもそもどういう現象なのか。 | トップページ | 昼休みが無くせないなんて言い訳 »

二番底はまだ遠い

本日の米失業保険申請数は悪化気味です。
最近のアメリカはどっちつかずで、市場もアナリストも迷っていると言う感じです。

米労働省が23日発表した18日に終わった1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週から1万2000件増加して46万5000件。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は45 万件だった。前週は45万3000件(速報値は45万件)に修正された。
>>米失業保険申請:46.5万件に増加、延長給付500万人超

こういった曖昧なデータを受けて、米国では二番底があるのか無いのかで論争をしています。

私が思うに、二番底はもっとずっと先になるだろうと思います。
と言うのも、そもそも1番目の底がまだ来ていませんから、2番目の底は当然もっと後になるだろうと考えています。

ダウ平均は最近ボックス相場気味です。
下値は抑えられていますが、上値も抑えられており全体的に上昇のペースが落ちました。
上昇にせよ下落にせよ、ペースが落ちている時は大概反転の目印です。
今までずっと上がってましたから、次は下がるでしょう。

現在米国は日本と同じような状況がゆっくりと、しかし着実に進行しています。
ですから株価の方も同じように下落基調となるでしょう。
株価=景気ではないですから、これだけで単純に1番底がまだ来ていないとは言えませんが、少なくとも精神面ではもっと深刻な景"気"を味わう事になると思います。

|

« 歴史は繰り返す④ - そもそもどういう現象なのか。 | トップページ | 昼休みが無くせないなんて言い訳 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/49543772

この記事へのトラックバック一覧です: 二番底はまだ遠い:

« 歴史は繰り返す④ - そもそもどういう現象なのか。 | トップページ | 昼休みが無くせないなんて言い訳 »