« 規制緩和は必要 | トップページ | 3D化の流れを何とかしてほしい - バイオ・ハザード4を見てきた »

なぜか日本の競争力が上昇

世界経済フォーラムが各国の競争力について公表しています。
それによると、なぜか日本の競争力が上昇しています。

2010年競争力第1位はスイス(前年1位)、2位スウェーデン(同4位)、3位シンガポール(同3位)だった。以下、4位米国(同2位)、5位ドイツ(同7位)、6位日本(同8位)、7位フィンランド(同6位)、8位オランダ(同10位)、9位デンマーク(同5位)、10位カナダ(同9位)と続く。
>>インドの競争力、139カ国中51位:インフラ未整備や汚職が問題

これまた不思議な結果になりましたね。
米国が順位を落としたのはわかるのですが、なぜスウェーデンが2ランクも上がっているのでしょうか
石油と社会保障のおかげですかね。

しかし同じく高福祉なはずのデンマークはランクを大幅に落としています。
まあ、そもそもスイスが万年1位と言うあたり、このランキングを如何程信じていいのかわかりかねますが。

ドイツ、日本の製造業組はランクを上げています。
ドイツはユーロ安の恩恵を受けて輸出が好調です。
一方日本は円高によって海外企業の買収が活発化していますから、これらが寄与したのでしょう
競争力の性質が間逆のようです。

楽天やユニクロなど、若い力が海外買収や進出を加速させていますが、これがどこまで"日本の"競争力に繫がるかどうかは良くわかりません。
何とかこの力を維持したいものです。

|

« 規制緩和は必要 | トップページ | 3D化の流れを何とかしてほしい - バイオ・ハザード4を見てきた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/49420074

この記事へのトラックバック一覧です: なぜか日本の競争力が上昇:

« 規制緩和は必要 | トップページ | 3D化の流れを何とかしてほしい - バイオ・ハザード4を見てきた »