« なぜか日本の競争力が上昇 | トップページ | 歴史は繰り返す① - 日本の現状 »

3D化の流れを何とかしてほしい - バイオ・ハザード4を見てきた

カプコンのゲームが原作となっている映画、「バイオ・ハザード4」を早速見てきました。
一作目が面白かったのでそれ以来見続けています。
回を増す毎に微妙な感じになっているような気もしますが、取りあえず。

細かい内容の方は他のブログをご参照ください。
予告のポスターと内容が食い違っているような気もしますが、良くある事なので突っ込みません。
内容はまあまあですかね。
驚く(ドッキリ的な意味で)シーンがかなりありましたので、お化け屋敷が苦手な方は覚悟して見た方が良いでしょう。

今回の作品は3D化を念頭においていたらしく、マトリックスのような動きを遅くする手法や、シーンをクローズアップする手法が多数見られました。
ただ全体の動きはアバター程多くはない為、3Dを完全に活かせているかどうかは微妙です。
3Dに関しては次回に期待ですかね。

映画に関してはこんな感じですが、それ以前に私が気になったのはなぜ3D版の上映しかしていないのかという事。

私は正直3D映画が嫌いです。
値段は高いし、3D眼鏡は重いし、慣れていない所為か目が疲れます。
しかも現在の3Dは視野角が狭いため、ある程度後方で画面に対してほぼ中央に座らないと、うまく見えません。
しかし中央の座席は出入りが面倒です。

すー:3Dテレビの時代は当分こない(視野角的な意味で)

ですから2D版を見たかったのですが、どこもやっていませんでした。
(´・ω・`)ショボーン

3Dと親和性の高いアニメとかなら良いのですが、実写はそれ程3D化しないし。
ストップモーションCGのように、表現技法の一つとして存在するのなら良いのですが、現在の押し付けがましい3D化はいただけません。

3D技術は進歩しており、差分転送方式などがあるのですから、見たい人だけ3Dで見られるようにして欲しいです。

3次元動画差分転送方式における精度変換ゲートウエイ方式

差分転送方式とは、本体と視野角の差分だけを送る方法です。
人間は物を右目と左目で見ています。
しかし右目と左目は微妙に位置がずれている為、見えるものが違います。

この微妙な差を脳みそが画像処理をかけ、3次元的な画像として認識しているのです。
軸になる目からの画像(所謂利き目)にもう一方からの差分を追加する事で3Dとして認識しています。

現在の3Dもこの手法を応用しています。
差分転送方式では利き目の映像と差分のみを転送し、コンピュータで合成します。

3D画像を転送する時、右からの映像と左からの映像を転送すると、作品のデータ量が2倍になってしまいます。
しかし差分だけならばデータの増加量を抑えられるわけです。

ですから例えば、2Dで見たい人は今までどおりの料金で、3Dで見たい人は特殊眼鏡を有料で貸し出し、場内のセンサーを利用して差分を表示するとか。
まあ現段階では採算が取れないでしょうから難しいでしょうが、将来的には何とかして欲しいです。

|

« なぜか日本の競争力が上昇 | トップページ | 歴史は繰り返す① - 日本の現状 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/49429878

この記事へのトラックバック一覧です: 3D化の流れを何とかしてほしい - バイオ・ハザード4を見てきた:

« なぜか日本の競争力が上昇 | トップページ | 歴史は繰り返す① - 日本の現状 »