« 夏コミに行ってきました③ - お宝奪取作戦 マネジメント編 | トップページ | iPhone4がSIMフリー化 - 円高を活かせ »

ある意味本物

中国ではiPhoneの代わりに色々なパクリ商品が並んでいます。
iPhone4Gなんてものもあるし、iPadもどきのlPadなんてものもあるとか。

世界的人気の米アップルの携帯電話「iPhone(アイフォーン)4」や情報端末「iPad(アイパッド)」のコピー商品が、中国南部の経済特区、深センで野放しになっている。
>>中国経済特区でコピー品野放し iPhoneなど

そんな中国ですが、今度はもどきではなく本物を"強化"する機器を開発したようです。
iPodに電話機能を無理やり付けるようです。
音声はやはり下のスピーカーから出てくるんですかね。

携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)タッチ」にケースのように取り付ければ、通話やメールのできる多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」に早変わり――。中国・深センのプログラマーが開発した装置「アップルピール520」が話題を呼んでいる。
>>iPodをiPhoneに改造する装置、中国に登場

アップルピール520

アップル社の端末は日本のそれと違い、端末個々の能力ではなくOSによって性能を良くしています
ですからOSの更新と最低限の機能さえあれば、理論上iPodでも電話化できるはずでした。

しかしあくまで"理論的には"だったので、実際にやったと言う話は聞きませんでした。
しかもスカイプでiPod touchでも電話できるので、需要もなかったんでしょうか。
それを中国のプログラマーがやってのけました。
やっている事は兎も角、技術力はすごいですね。

それにしても、これはどう取り締まればいいんですかね。
偽物でもないし特許侵害でもないし、改造でもありません
あくまで本物の付属品を開発しただけで、ストラップとかと似たようなものですから、判断が難しくなります。

作った本人も販売に乗り気ですから、話がこじれそうです。
ソフトウェアが通信産業の主流となれば、今後はもっとこういう事例が出てくるでしょう。
裁判所の判決によっては"ある意味本物"が増えそうです。

|

« 夏コミに行ってきました③ - お宝奪取作戦 マネジメント編 | トップページ | iPhone4がSIMフリー化 - 円高を活かせ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/49224179

この記事へのトラックバック一覧です: ある意味本物:

« 夏コミに行ってきました③ - お宝奪取作戦 マネジメント編 | トップページ | iPhone4がSIMフリー化 - 円高を活かせ »