« やっぱりよくわからない円高傾向 | トップページ | セイクレストの決算書 - 実践的会計ゲーム 回答編 »

株主が信じないで誰が信じるのか

BPの株主であるビッグス氏が、BP株について語っています。
彼はもともとBP株を大量に持っていたそうですが、先日の下落に伴い半数を売却したそうです。

米ヘッジファンド、トラクシス・パートナーズの共同創業者である著名投資家のバートン・ビッグス氏は、英石油会社BP株は依然として「投機的過ぎる」ため買うことはできないと述べた。
>>著名投資家ビッグス氏:英BP株はまだ「投機的過ぎて」買えない

確かに株価が反転し出した辺りから投機的な挙動が目立つようになりました。
私が買ったときは悲観一色で、必要以上に売りまくろうとする連中が多かったようですが、今は逆に買い戻しに入っているようです。

アナリストの皆々様も挙って買い推奨をしています。
彼らは日和見的で、買うべき時には売りと言い、売るべき時には買いと言います
よくそれで給料がもらえるなと感心してしまいます。
なので彼らの買い推奨は少し不安です。

幸い今回に今回に限ってはそうでも無い様なので、彼らの意見はマイナスにもプラスにも加味しないでよさそうです。

Newsweek:暴落BP株は今が買い時か

何か事故や事件があると株が上下する事はよくあることです。
そういう時に株主にとってほしい行動は、その会社を信じてあげる事です。
特に事故などの時は過度に反応すべきではないと思います。
あくまで個人的な意見ですが。

確かに投機的な挙動を取っていますが、彼らはまだまだ慕われていますし、自己の利益だけでなく会社の事を真剣に思ってくれる人も多くいます。

WSJ.com:【インタビュー】BPが好きだから辞任する=ヘイワードCEO

彼らの事をもう少し信じてあげてもいいのではないでしょうか。

|

« やっぱりよくわからない円高傾向 | トップページ | セイクレストの決算書 - 実践的会計ゲーム 回答編 »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/49033706

この記事へのトラックバック一覧です: 株主が信じないで誰が信じるのか:

« やっぱりよくわからない円高傾向 | トップページ | セイクレストの決算書 - 実践的会計ゲーム 回答編 »