« オバマ大統領の支持率 | トップページ | Quickenと税理士 »

GMの決算状況が出てる

IPOを目前に控えた米GMの資産状況が掲載されています。
BARRON'Sの調査に基づくものです、確定ではないようですが信憑性はありそうです。
なんだか知りませんが、倒産前とはえらい違いです。

GM決算2010

WSJ.com:【バロンズ】ゼネラル・モーターズのIPO

ちなみに破綻直前の決算書はこんな感じ。
上場廃止したので、Finance系サイトにはありませんでしたが、画像を取っている方がいらっしゃいました。
見るからに駄目企業です。

GM決算2008

Application of Merton's Model: Example 2 GM

一番左が2008年、右に行くほど過去のデータになります。
こうやって見ると借金が4分の1程に大幅圧縮されたんですね。
それだけの大金を突っ込んだ政府は、IPOから如何にお金を回収するのか必死なようです。

さらに、もともとの個人債権者が加わり、一筋縄ではいかないようです。

リュトケ氏は旧GMのいわゆる「ベビー・ボ ンド」を特に推奨している。転換社債を含むこれらの証券は当初25ドルの額面で販売され、多くは個人投資家の手に渡っている。これらは主に流動性の問題により、機関投資家向けの債券(額面1ドル当たり約35セント)に比較してディスカウント(額面1ドル当たり32セント)で取引されている。

何年債か知りませんが、額面一ドルが35セントとはおいしいですね。
10年債だとすると年利11.1%です(ln(1+r)=ln0.35^-0.1)

幸いにして決算状況は良好なので、これらの償還にも応じられるでしょう。
決算書の額面どおりには受け取らない方がいいでしょうが、今後の展開は明るそうです。
競争させられる日本勢には厳しい報告ですが。

|

« オバマ大統領の支持率 | トップページ | Quickenと税理士 »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/49289636

この記事へのトラックバック一覧です: GMの決算状況が出てる:

« オバマ大統領の支持率 | トップページ | Quickenと税理士 »