« 明日は参院選 | トップページ | 政権の混乱 - 縮まる格差 »

貿易ゲーム

参院選の行方が気になる今日この頃ですが、今回は経済の話題です。

大学にいたころ、経済教育法の一環として「貿易ゲーム」というものを習いました。
もともとは小中学生向けの教育法なのですが、大学生がやっても面白いと思いました。
多分、新社会人や管理職の人が集まってワイワイやっても楽しめると思います。

京大ユニセフクラブ機関誌:「貿易ゲーム」報告

この教育法の優れたところは、非常に詳細に経済の体系を表している事。
例えば資源を持つ国、技術を持つ国、何も持たない国など最初からある程度分かれていたり、商品を納入する際に技術力の高い国の商品を優遇するなど、現実に起きている事を盛り込む事ができます

私がやった時は、商品の買い取り価格が突然大幅に変わりました。
今まで量産していた高付加価値商品が在庫になってしまい大変でしたww。
他にもはさみや定規等の"技術"をオークションにかける国もありました。

この動画の終盤では子供達が連合を組んだり、紙(資源)の出し惜しみをしたりしています。
現実社会でもEUFTAOPEC等に繫がる、極めて重要な発想です。
子供のポテンシャルはすごいですね。
皆さんもぜひ試してみては?

|

« 明日は参院選 | トップページ | 政権の混乱 - 縮まる格差 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/48852508

この記事へのトラックバック一覧です: 貿易ゲーム:

« 明日は参院選 | トップページ | 政権の混乱 - 縮まる格差 »