« 杉村太蔵が出馬してた! | トップページ | あなたの会社は何の会社ですか?③ - 本業を考える »

己の欲せざる所は人に施す勿れ - 第一生命の株主総会

本日第一生命株主総会が行われました。
株主数137万人の3000人が出席したそうです。
また聞いていると、初めて投資を行った人が多いようです。

出席した株主からは、株式の上場以降、株価が25%近く下落したことについて、会社側の対応を求める意見や質問が相次ぎました。これに対し、渡邉社長は「投資家への説明が足りず、努力不足だと認識している。
>>株主最多の第一生命 初の総会

ご存知の通り、第一生命は保険に加入して長い人や、加入額の大きい人にも株券を配布しています。
このため初めて株券を手にしたという人も結構多いようです。

また保険販売員の人に聞いてみると、株式の保有を敬遠されている会社でも突然株主になった人も多いとか
元々保険ですから、ある種偶発的になったようです。

この総会も話の種に参加した人も多いのではないでしょうか。
私も機会があれば是非行ってみたいです。
ニューヨーク旅行のついでにふらふらと。
ちなみに海外企業は電子投票ができるので、権利行使に問題はありません。

さてそんな株主総会ですが、私が聞いていて呆れてしまったのは株価の事。
株主に株価の下落でピーピー言われていますが、それに対する返答がお粗末過ぎます
株主の株価下落の非難に対し、渡邉社長は「等身大の評価が得られていない」と反論しています。
今後IRに力を入れ、認識を広げていくそうです。

ロイター通信:株価低迷、「等身大の評価得られていない」=第一生命

呆れて物が言えません。
そう思うなら自社株買いでもして、自信の程を態度で示せばいいのに。
自分がしない事を他人がすると思いますか
確かに割安に放置されている銘柄も有りますが、そういう問題ではありません。
彼らは経営以前にもっと人間的な部分ができていません。

第一生命の公募価格は14万円で、市場から約1兆円を調達したようです。
電子媒体の目論見書が無い為(何で?)正確にはわかりませんが、色々調べると大体その程度のようです。

IPO初値予想 IPO投資家になろう:第一生命保険 IPO初値予想

本日の株価終値は約12万円ですから、公募価格から14.3%下落した事になります。
今市場からすべての株を買い取ったら、それだけで第一生命は1000億円以上の利益が出る事になります。
本当に自信があるのなら、自社株買いで利益を得て、暫くしてからまた新株を出せばいいのです。

実際には無償割当や配当があるのでそんなに単純ではありませんが、行動に出すべきです。
もしお金がないから、などと言い訳をするのなら、きっと他の投資家も同じ言い訳をするでしょう。
要するに優先順位が低いということです。

彼らは機関投資家ですから、そういう投資家の心理には熟知しているなはずなのに、何でそれが分からないのでしょうね。
やはり運用なんかしていないんですかね。
駄目だこりゃ。

外国株ひろば:サラリーマン・ファンドマネージャーが日本国債の暴落をもたらす

|

« 杉村太蔵が出馬してた! | トップページ | あなたの会社は何の会社ですか?③ - 本業を考える »

企業」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: あろえ | 2010年9月 9日 (木) 20時49分

あろえさん
コメントありがとうございます。
当サイトで楽しんでいただけたら幸いです。

投稿: なる | 2010年9月 9日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/48745247

この記事へのトラックバック一覧です: 己の欲せざる所は人に施す勿れ - 第一生命の株主総会:

« 杉村太蔵が出馬してた! | トップページ | あなたの会社は何の会社ですか?③ - 本業を考える »