« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

あなたの会社は何の会社ですか?③ - 本業を考える

シリーズ最終回です。
今回は本業とは何かについて考えてみます。

理経済:あなたの会社は何の会社ですか?① - トヨタと金融業
理経済:あなたの会社は何の会社ですか?② - 複雑な収益構造

前回、現在企業が直面する収益の変化について述べました。
企業の収益構造は大きく変化しており、周囲から見た企業イメージと実際の収益源が異なっている事がしばしばあります。

しかし利益が出るからといって放置しすぎると、結果として"獅子身中の虫"が出る可能性もあります。
破綻したリーマン・ブラザーズも、元々は商店として綿花の売買をする、商社の一種だったそうです。
その後の展開はご存知の通りです。

ではどうすればいいのでしょうか?
結論から言えば、本業を理解しまずはここを特化するのです。
他の業務はすべてサポートであり、いつでも売却できる位の心構えと構造が必要です。

この考え方自体は随分前から議論されており、横文字ではコアコンピタンスと言います。
経営学で有名なドラッカーも「何によって憶えられたいか」を考えろと説き、自身の"本業"について語っています。

こうきしんの「キャリア上空喫茶」:ドラッカーの「何によって憶えられたいか?」

著名投資家のジム・ロジャーズも「一つの卵と駕籠」を例に取り、コアビジネスの重要性を説いています。

米フォード・モーター創業者のヘンリー・フォード氏は自動車生産に専念し、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏も事業の総合多角化はしなかった。富を築くには、1つの籠の中に卵を入れてその籠を注意深く見守る必要がある。その籠が卵を入れる場所としてふさわしいかを確認することも大切だ。
>>ジム・ロジャーズ氏インタビュー、金融危機後の投資術

古くは孫子が「知彼知己者、百戦不殆」と書き記し、自分をよく理解する事の大切さを説いています。
いつの時代でも考える事は同じなんですね。

しかし経済が右肩上がりで、何をしてもそこそこ儲かると、こういう基本をどうしても忘れてしまいます。
そしてそのまま、なし崩し的に今に至るわけです。

では自身の本業をどのように理解すればよいのでしょうか?
業績の精査や創業部門を考えるなど、色々な方法がありますが一番手っ取り早い方法は"社名"をよく見る事です。

例えば日本の"自動車会社"と言えば、トヨタホンダ日産が有名です。
しかしこれには大きな誤解があります。
なぜならばホンダは自動車会社ではないからです。

彼らの登記社名を正しく書くとそれぞれ、トヨタ自動車本田技研工業日産自動車です。
ホンダはあくまで工業の会社なのです。

また、日本の証券コードはある程度業種別に纏まっていますが、トヨタと日産は7203,7201なのに、ホンダは7267です。
ホンダのコードの前後は、スズキヤマハなど車両部品やバイクの会社が並んでいます。

証券コード一覧

証券コード順企業一覧表(下)

トヨタ日産は生を享けた時から自動車会社でしたが、ホンダはエンジンを生かしたバイクの会社でした。
これは現代でも尾を引いており、トヨタや日産は自動車外の産業に消極的なのに対し、ホンダは既に飛行機を完成させ、航空機ビジネスに参入する意向を示しています。

HONDA:HondaJet

ホンダは工業のメーカーなのですから、自動車に拘る言われは無い、という事ですね。

このように、本業は何なのかを考える事で自分達の長所と短所、やるべき事とやらなくていい事が見えてきます。
自社についてよくよく考える事は非常に大事なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

己の欲せざる所は人に施す勿れ - 第一生命の株主総会

本日第一生命株主総会が行われました。
株主数137万人の3000人が出席したそうです。
また聞いていると、初めて投資を行った人が多いようです。

出席した株主からは、株式の上場以降、株価が25%近く下落したことについて、会社側の対応を求める意見や質問が相次ぎました。これに対し、渡邉社長は「投資家への説明が足りず、努力不足だと認識している。
>>株主最多の第一生命 初の総会

ご存知の通り、第一生命は保険に加入して長い人や、加入額の大きい人にも株券を配布しています。
このため初めて株券を手にしたという人も結構多いようです。

また保険販売員の人に聞いてみると、株式の保有を敬遠されている会社でも突然株主になった人も多いとか
元々保険ですから、ある種偶発的になったようです。

この総会も話の種に参加した人も多いのではないでしょうか。
私も機会があれば是非行ってみたいです。
ニューヨーク旅行のついでにふらふらと。
ちなみに海外企業は電子投票ができるので、権利行使に問題はありません。

さてそんな株主総会ですが、私が聞いていて呆れてしまったのは株価の事。
株主に株価の下落でピーピー言われていますが、それに対する返答がお粗末過ぎます
株主の株価下落の非難に対し、渡邉社長は「等身大の評価が得られていない」と反論しています。
今後IRに力を入れ、認識を広げていくそうです。

ロイター通信:株価低迷、「等身大の評価得られていない」=第一生命

呆れて物が言えません。
そう思うなら自社株買いでもして、自信の程を態度で示せばいいのに。
自分がしない事を他人がすると思いますか
確かに割安に放置されている銘柄も有りますが、そういう問題ではありません。
彼らは経営以前にもっと人間的な部分ができていません。

第一生命の公募価格は14万円で、市場から約1兆円を調達したようです。
電子媒体の目論見書が無い為(何で?)正確にはわかりませんが、色々調べると大体その程度のようです。

IPO初値予想 IPO投資家になろう:第一生命保険 IPO初値予想

本日の株価終値は約12万円ですから、公募価格から14.3%下落した事になります。
今市場からすべての株を買い取ったら、それだけで第一生命は1000億円以上の利益が出る事になります。
本当に自信があるのなら、自社株買いで利益を得て、暫くしてからまた新株を出せばいいのです。

実際には無償割当や配当があるのでそんなに単純ではありませんが、行動に出すべきです。
もしお金がないから、などと言い訳をするのなら、きっと他の投資家も同じ言い訳をするでしょう。
要するに優先順位が低いということです。

彼らは機関投資家ですから、そういう投資家の心理には熟知しているなはずなのに、何でそれが分からないのでしょうね。
やはり運用なんかしていないんですかね。
駄目だこりゃ。

外国株ひろば:サラリーマン・ファンドマネージャーが日本国債の暴落をもたらす

| | コメント (2) | トラックバック (0)

杉村太蔵が出馬してた!

今日、都内某所をうろうろしていると杉村太蔵が歩道で握手と演説をしていました。
前回の衆院選で不出馬だったので、政界から身を引いたのかなと思っていたのですが、今度は参議院選に出馬するようです。
しかもなぜかたちあがれ日本から。

杉村太蔵.report

貰ったチラシには「反省した」と書かれています。
頭を丸めたのはその為のようです。

書いてある政策はまあまあまともです。
具体性が内容にも思えますが、それは何所のマニュフェストでも同じ事です。
彼がどれ程得票できるのか見ものです。

ちなみに私は投票済みなので彼には入れられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの会社は何の会社ですか?② - 複雑な収益構造

シリーズ2回目です。
前回の最後に述べたように、自分達の会社が何なのかを理解するのは意外と難しいものです。
皆さんは自分の会社、或いは就職活動している会社がどのように儲けているかを理解していますか

理経済:あなたの会社は何の会社ですか?① - トヨタと金融業

現在、企業の収益はかなり複雑化しています
理由は色々ありますが、大きいのは競争の激化です。
兎に角利益を出さないと、周りの会社に食いつぶされてしまうという焦りがあるのでしょう。
投資家も経営者もやる事は同じなんですね。

例えば前回お話したトヨタは車だけだと利益率が低くなる為、金融業などをやっています。
カーローンのように親和性の高いものなら本業を圧迫せずに利益を出せます。

余ったお金を効果的に運用しないと、それは"死に金"になってしまいます
その為、本業とは関係なくても投資を行う事がしばしば有ります。
本当は借入金を返すとか技術力のある中小企業を買収するとか、本業を強化する手法がいくらでもあるのですが。

また死に金を放置し続ければ株主からも突き上げを受けます。
配当にしろとか自社株買いしろとか言われます。
株主というものは現金なもので、株価が上がっているうちは死に金に対してとやかく言いませんが、一端下がりだすと文句が大量に出ます。
経営者も嫌がるわけですね。

さて、企業はこの死に金を何とか消費する為に、しばしば畑違いの投資を行います。
本業が何なのかというのは難しい問題ですが(これは次回お話します)、少なくとも彼らの投資は一般のイメージとズレています。

例えば日立製作所です。
日立といえば、電気ジャーや掃除機などの家電が有名です。
マニアックな人だと鉄道や建機を思い浮かべるかもしれません。
しかし実際はIBMや富士通と同じ情報通信の会社です。

日立製作所の営業利益

日立製作所:セグメント別営業損益 から作成

これは営業利益で見ていますが、売上でも情報通信業は最大勢力です。

また、イオンと言えばスーパー(小売、流通)ですが、こちらも変わった利益構成をしています。
売上はスーパーや専門店が多数派ですが、利益は不動産業や金融業などが占めています

イオンの営業利益

イオン:事業セグメント別構成比

同じ小売業である専門店部門がマイナスである事を考慮すると、小売業としての利益は更に下がります。

このように、企業は死に金を出さぬよう、様々な形で資産運用をし、各々の分野でそれなりの成功を収めています。
しかし、これが必ずしも良い結果を産むとは限りません。

利益を出している部門の方々は自分達が会社を支えているという自負が出てきます。
それなのに世間がそれを認めてくれない、会社がそれを認めてくれないとなれば、不満がドンドン溜まり、独立や暴走に繋がりかねません。
以前紹介した投資銀行の内乱も、詰る所こういう人間的な勘定に起因しています。
誰だって鵜になりたくはないのです。

このように、その会社が一体何の会社なのかは非常に分かりにくくなっています。
これをしっかり理解し取捨選択しないと、内乱や余計なリスクを背負う事になりかねません。
会社の理解は誰であっても非常に重要なのです。

ではそもそもその会社の本業とは何なのでしょうか?

続く…
理経済:あなたの会社は何の会社ですか?③ - 本業を考える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

制度が遅いのは万国共通 - 法令順守のBP

相変わらず叩かれまくっているBPですが、安全対策自体は法令に則った、とても真面目なものだったようです。
しかしそもそもその法令自体が時代遅れで、穴があったようです。

エクソンティラーソン最高経営責任者(CEO)はセイウチの間違いに「当惑している」とした上で、同社の対応計画について、「原油流出のさまざまなシナリオを予想するのに使うモデルも含め、規制に従っている」と述べた。
>>BPの流出対応策、米政府の誤った予測に基づいていた

何所の国でも政府の対策や法令が遅れがちなんですね。
まあ、先回り先回りでガチガチにされても困りますが。
そういえば昔、アルビン・トフラーがそんなことを言っていましたね。

まあそのおかげでBP株をかなり割安に買えたので私は良いのですが。
14年ぶりの大安売りですから、買わなきゃ損損ですな。

今後石油会社各社も自主的に対策を取らないといけませんね。
国際帝石など日本の企業はチャンスがあるかもしれません。
後は度胸の問題です。
こっちの方が問題かも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅首相の第三の道 - 少ない残り時間

テレビを見ていたら、とあるニュースで菅内閣ブレーン小野善康氏が財政について語っていました。
彼の考えは雇用(≒労働?)に視点を置いた、どちらかと言うとマルクス寄りな考えのようです。
別新聞の記事ですが、似たようなインタビューがあったので転載します。

増税分は借金返済に充てるのではなく、雇用創出とその所得支払いにまわすべきだと主張するとともに、税収の使途は、福祉目的税のように限定しないほうがいいとの見解を示した。
>>インタビュー:失業率3%へ消費税上げも=小野・阪大教授

多分失敗するとは思いますが、大量の公共投資も徹底的な市場主義も成功したとは言い難いですから、一度試してみても良いかもしれません。
乗り越えないといけない壁は多そうですが、なんでも挑戦してみるのは肝要です。

私は竹中さん寄りの考え方ですが、小泉改革が諸手を挙げて良かったとは思っていません
優先順位の問題です。

政権運営はブレーンで決まります
彼らが裏で上手く尽力しないと、政権がこけます。
小野さんの活躍に期待します。

理経済:オバマ大統領にして欲しいこと - 取りあえずあいつをクビに…

ただ、改革にかけられる時間はそう多くありません。
基礎的財政収支を2020年までに黒字化!」とか言っていますが、これは言い換えれば2020年までは赤字を垂れ流すという事です。
そんな悠長な事を言っていて大丈夫なのでしょうか?

ご存知の通り、日本の借金は膨大です。
借金時計を見ると天文学的な数字が、物凄い勢いで上昇しています。

財部誠一:借金時計
理経済:カナダの国際比較① - 日本の借金の国際比較

またこういう話をすると、「"ネット"で見ると…」と反論がきますが、少なくとも政府部門は赤字か、殆どギリギリの状態です。

政府部門「債務超過」に 09年末「正味資産」初のマイナス 国と地方を合わせた政府部門の資産から負債を差し引いた「正味資産」 が2009年末に初めてマイナスに転落したもようだ。
>>2ch (本文は日経ネットの電子化で紛失)

また「日本国債は国内で消化されている」という事もあり、金利が異様に低く推移しています。
何かの拍子に上昇すると、財政に強い圧迫をもたらします。

例えば単純に考えて、1000兆円の借金で金利1%なら利子は10兆円で済みますが、3%なら30兆円です。
定額給付金は総額2兆円、一人1万2千円でしたから、大雑把に見て一人年12万円の増税でしょうか。
一家4人なら48万円、無視できるレベルではありません。

こちら↓は08年末の状態です。
政府部門の純資産(正味資産)が下に張り付いています。

国民の資産推移

内閣府:平成20 年度国民経済計算確報(ストック編) PDF
内閣府:平成20年度確報 公表資料

こちら↓は第一生命のレポートです。
少し古いですがよく纏まっており、地方についても言及しています。

国民の資産推移2

第一生命経済研究所:日本国のバランスシート:国富の分析 PDF

最後に日本と諸外国の金利差。
上段左が短期金利、上段右が長期です。
財政が健全なドイツよりも、遥かに有利な金利です。

各国国債の利回り比較

WSJ.com:BP債券から価値流出

金利が低いのは日本国債がほぼ国内のみで消費されているからなのでしょうが、今時海外から他国の国債を売るなんて簡単な事です。

例えば日本で日本円を調達して、東証に上場している国債先物やオプションを売るとか。
価格が下がれば国内の銀行などが売り浴びせをするでしょうから、実質間接的に日本国債を売ったことになります。
保有比率なんて当てにはなりません。

菅政権、というより日本国に残された時間は、思っているほど多くは無さそうです。
私が死ぬまでもつかな?

ところで、菅さんと小野さんは共に東工大のOBだそうです。
以前、用事があって東工大に行ったのですが、食堂のラーメンが微妙だった記憶があります。
理系内閣は果たして何所に行くのでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あなたの会社は何の会社ですか?① - トヨタと金融業

いつも当ブログを御覧頂き、ありがとうございます。
唐突ですが、皆さんのお仕事は何でしょうか?

ヤフーログールを見ると、閲覧してくださる方はほぼ全員学生のようなので、仕事はアルバイトかもしれませんが、多分解析に引っかかっていない人もいると思うので聞いてみました。
学生の皆様は何の"仕事"がしたいか想像しながら読んで頂けると光栄です。

ちなみに私はプログラマー(?)です。
毎日テストケースと仕様書の作成に追われています。
投資の経験なんてぜんぜん役に立ちません(笑)

さて、皆様各々の会社で色々な仕事をしてらっしゃると思いますが、よく考えるとこれは不思議な事です。
例えばトヨタ自動車は自動車の会社ですが経理部があります。
一方お金のスペシャリストである銀行にも経理部門があります。

何故お金で商売をしないはずのトヨタも、お金で商売している銀行も、等しく経理部門があるのでしょうか?
おそらく人数もそんなに変わらず、規模に比例する形で人数が増えるでしょう。

経理があるのは当たり前と言えば当たり前の事ですが、今のようにインターネットが普及しているならば、自社で経理を持つ必要はありません
例えば経理部を外注してもいいですし、社用クレジットカード(電子マネー付き)を利用し、どの部が何にいくら使ったかを把握する事も可能です。

KSK:丸投げ経理が【月3,150円】

資本調達など、経営の根幹に関わるようなお金の話なら兎も角、普段私が外勤代をせびりに行くような経理部門は、いらないとは言いませんが今の2割位に縮小してもいいはずです。

昔NHKスペシャルで「人事も経理も中国へ」という作品がありました。
話の中心は総務なのですが、経営部門に

「中国人はあなた達と同じ仕事を2割の賃金でやってくれます。
残りの8割分をどのように穴埋めしてくれますか?」

という趣旨の質問をされます。
総務部の面々は何も言い返せず、閉口してしまうわけです。
本当にトヨタに経理部門が必要なのかは考え直す必要がありそうです。

さて、長くてすみませんがここまで前書きです。
前書きで書いたような一部門は、何のかんの言っても全体の数%程度しかとっていないでしょうからいいのですが、これが一子会社とか一業種になると厄介です。

例えば前述したトヨタ自動車も子会社のトヨタファイナンスを通じて自動車ローンを提供しています。
自動車ローンレベルなら本業とマッチしているのでいいのですが、住宅ローンまでやっています。

トヨタファイナンス:トヨタホームローン

そんなにお金が余っているのならもっと有効に使えそうなものですが。
ファイナンス部門は本当に必要なのでしょうか?
それこそ経理部門を移管すれば良さそうなものです。

昔GMの子会社であるGMACも不動産ローンを大量に行い、それが元で破綻しました。
今では社名まで変わっています。

Wikipedia:Ally Financial
ロイター通信:GMの第1四半期は大幅減益、GMAC住宅ローン関連損失が圧迫

色々なことにチャレンジするのはいいのですが、本業から余りにも逸脱してしまうと、監督が難しくなってしまいます。
子供の中には怪しい事をしだす子も出てくる訳です。

自分達は何の会社なのかを、しっかり把握しておく必要があるわけです。
しかしこれは意外と難しい事です。
どう難しいかというと…

続く…
理経済:あなたの会社は何の会社ですか?② - 複雑な収益構造
理経済:あなたの会社は何の会社ですか?③ - 本業を考える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国に蔓延する不良債権問題 - 人間の性

世界で不良債権が増加中です。
様々な理由から簿価割れしてしまった債権が世界に蔓延しています。
何のかんの言いつつ、米国でも兆候が出ているようです。

ブッシュ、オバマ両政権が、必要な銀行改革を半分しか完了していないことが貸し出し低迷の一因かもしれない。両政権は巨額の資本注入という形の応急措置を講じたが、不良債権をはじめとする問題資産の売却といったバランスシートの大規模な改革を銀行に強いることはなかった
>>【コラム】米経済が「失われた10年」を避けるには

日本の90年代でも同じようなことが起こりました。
銀行は不良債権の処理をぬらりくらりとかわし、結果として貸し渋りを誘発しました。
この不良債権が処理されるのは小泉政権になってからです。

理経済:静かなるキャピタルフライト① - 歴史のおさらい

米国でもこの兆候が出ているようで、銀行の貸出が低調です。
そして何より不良債権の話が出てこなくなりました
つい2,3年前は「スーパーSIVを作って不良債権を処理する」とか言っていたのに、今では名前すら出てきません。

米商業銀行の融資・リースの増減率

Garbagenews.com:サブプライムローン問題対策の救済共同基金「Super-SIV」の設立見送りへ・シティ、BofA、JPモルガン3行が表明
株式市場と黒岩の眼:SIV(ストラクチャード・インベストメント・ビークル)とは

問題の先送りは国や制度に限った事ではなく、人間の性のようです。
EUもユーロの欠陥については前々から言われていたにも拘らず、特に対策もしていませんでしたし、加盟国の精査も怠っていました。
今では国債までもが不良債権化しつつあります

アメリカの不良債権問題も、思っている以上に長く続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天の攻勢 - 高山健さんに期待

楽天がネット通販市場で攻勢をかけています。
諸外国の通販大手を買収しまくり、場を構築する為に躍起になっています。

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/06/18/033/index.html

以前にご紹介したとおり、胴元はかなり儲かります
場を支配する事で一定の収入を常に吸い上げる事ができます。

理経済:胴元は儲かる③ - アップル社の場合

更にハードの開発など、利鞘の少ない部分にタッチする必要が無い為、高い利益率が見込めます。
人は必ず何かを消費する為、ヒット商品が出ても出なくても利益が揺れる事はありません。
人口が増え続ける限り利益を創出し続ける「ドル箱、金のなる木」となります

N's spirit 投資学研究室:PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

楽天の業績は非常に不安定で、キャッシュフローもまだ安定していません。
現段階では借金と投資利益によって市場を拡大しているのが現状です。
売上がECとそれに関わるクレジット事業に偏っていますから、将来的にここでやって行きたいのですね。

楽天のCF

楽天のセグメント別売上高

楽天株式会社:財務データ
楽天株式会社:業績推移(四半期別)

現在は産みの苦しみに直面しているようです。
鍵は彼らの資金繰り
成功するか否かは若干46歳の楽天CFO、高山健さんの肩にかかっているようです。
インベストバンカー上がりの手腕に期待です。

ところで、こういう光景を見るとやはり資本流出が起こっていると感じます。
外国企業を買収するために日本円を外貨に両替したとすれば、それは円売りになります。

外国で稼いだお金を日本に持ち帰ればいいのですが、海外で使ったり外国で雇用を増やしたり日本人幹部を派遣したりとなれば、それは外貨が日本に帰ってくる可能性は低いです。
知らぬ間に少しずつ資本が流出しているようです。

理経済:静かなるキャピタルフライト おまけ - 意外に知らない日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビデオリサーチ社が来た

先日家でグーグー寝ていると、見知らぬ人がICカードを携えて訪ねてきました。
いつもの営業系の人かと思ったのですが、どうもそうではないようです。

ICカードを見るとビデオリサーチと書いて有ります。
私の性格上、カードに書かれているだけの身分証は信じないのですが、照会してみると確かに在籍してたようです(あの身分証も何とかなりませんかね)

何しに来たのかというと、生活実態の調査に来たようです。

011

ビデオリサーチ社は視聴率等様々な調査を行っていますが、サンプル数は600人とかそんなものですから、自分の所に来る確率はかなり低いです。
実際の所、本当に公正にやっているのかもよく分かりませんでした。
公正かどうかは兎も角、ちゃんと調査はしているようです。

中身はどんなものかというと、24時間の生活行動について1週間分記述するというもの。
かなり細かく求められます。

002

ついでにやたら色々とアンケートに答えさせられます。

005

厚さは10円玉2枚分くらい。
4mmとかなり厚くなっております。
謝礼として商品券を少々頂きましたが、サンプルの人がちゃんと書いてくれるかどうか悩ましい量です。

私は真面目に書きましたが、3分の1位の人は適当に書きそう。
信憑性はちょっと怪しいかもしれません。

今回初めて調査に参加しましたが、結構細かくやっているようです。
いくらでも不正ができそうですが、目安程度の意味はありそうです。
いい経験をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ参院選 - 金融規制改革に期待

国会も閉幕し、7月11日に参院選が開かれる事が確定いたしました。
「表紙の付け替えで」と叩かれながらも、実際に支持率が急回復した菅内閣、強気に出ているようですが、さてどうなるでしょうか。

さすがに参院選で負けたからといって首相退陣は無いでしょうが、ねじれ国会になれば、またもめそうです。

さて、参院選の台風の目になりそうなのが渡辺善美氏率いる「みんなの党」です。
支持率が右肩上がりである事を背景に、結構精力的に活動しているようです。
参院選ではそれなりに票が伸びそうです。

彼らは金融機関出身者が多くJPモルガンアクセンチュア等、かなり外資金融系候補者で固められています。

以前、「マット今井」の異名を持つ今井雅人氏が民主党から出馬し、話題になりました。

世界四季報:マット今井氏が衆議院選に民主党から出馬予定

見事当選はしたものの、民主党全体が圧勝してしまい結局彼もその中に埋もれてしまいました。
彼が参入する事で、少しは日本の閉鎖的な金融市場がよくなるかなとも思いましたが、特に何もありませんでした。
日本では議員の個性が全く必要ないので、そうなるだろうとは思っていましたが。

理経済:議員の個性は必要

ただ、今回の政党は小さく金融系の比率も高いので、それなりに期待できそうです。
あまり金融の色が強すぎるのもどうかと思いますから、議席数20位が妥当でしょう。

日本の金融規制の多さを何とかして欲しいものです。
日本と世界の温度差を毎日ひしひし感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理想と現実のギャップ

マーケティングとは本当に難しいですね。
就職活動において、学生はPCスキルを重要視し、企業は国際情勢への感性を大切にしているそうです。

学生が就職活動に向け身につけようとするスキルの1位は、パソコンで38・4%を占め、次いで英検・TOEIC(35.0%)、3位が経済・国際情勢に関する知識(19.0%)となっている。これに対し、採用担当者にPCスキルをアピールされて受ける印象をたずねたところ、「身につける努力をして当然」(34.5%)、「他の学生と大差ない」(23.8%)との回答が多数を占め、アピールしても効果は薄いようだ。
>>就活でPCスキルはペケ、国際情勢に好印象 学生と企業に認識ズレ

酔うぞの遠めがね:学生と会社の認識にズレ、だそうです。

売り手と買い手の間で齟齬が生じる事はよくあります。
実際の経済でも頻繁に起こります。
例えば過剰性能な日本の携帯電話とか。

作り手がどんなに良い商品だと思っても、良し悪しを決めるのはマーケットであり作り手ではありません
この記事は企業側の視点で見ていますが、学生側も安定が良いとか人間関係がよい方が良いとか、企業を選別しています。
海外まで就職先を求める人もチラホラ。
お互いの意見を調整するのは大変です。

「国際情勢に好印象」とは言っても、言うは易く行うは難しで企業内でも理想と現実に随分ギャップがあると思います。

私は2年前の就職活動のとき、こういった国際情勢とか経済についての見解をエントリーシートに書きましたが、そのほとんどが面接にさえ行けませんでした。
私の経済観はそれほど駄目なのでしょうか?
少なくとも日経テスト(第1回)700点レベルの能力では駄目なようです。

往々にして理想と現実にはギャップがあります。
例えば、企業内の人が「これは売れる!」「自信の商品です!」と言っていたものが、なぜかコケる事がしばしばあります。

理由は簡単で、「絶賛している企業内の人でさえ買わないような商品だからです。
褒め言葉は自画自賛どころか、社内の関係を保つ為の言葉となっているのが現実です。
自分達が欲しくもないものを、一般の顧客が買うだろうというのは少々甘い考えです。

おそらく多くの人が似たような光景を見た事があるでしょう。
他人には勧めても自分は買わなかったり。
時には自分が当事者の一人になる事もあるかもしれません。

しかしだからといって、他者が提案した物をはっきり意見できる訳でも無く、上司に進言できる訳でも無く、流れで開発、そして販売になります。
「こうしないと売れない」という理想や考えはあっても、現実では意外と言えないものです。

このアンケートも、企業側の理想は「経済・国際情勢に関する知識」が豊富である事を望んでいたとしても、当の企業内での悶着と人間関係でものが言えず、今の現実に落ち着いてしまっているのだと思います。
理想を堂々と語る人間がいないと、結局強くなれないんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BP(NYSE:BP)破綻懸念?

石油メジャーの末席として名を馳せた英国のBPが「破綻の瀬戸際」と叩かれています。
格付けも機器に敏感なフィッチが、真っ先に大幅格下げをしています。

メキシコ湾での原油流出事故に伴う賠償責任により油井を保有する英BPが破たんするとの懸念が、米議員やアナリストらの間で強まるなか、米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請しても同社が賠償金の支払いを回避できる可能性は低いとの見方が、企業再編の専門家らの間で広がっている。
>>英BP:破たんしても費用負担避けられず、原油除去など

ロイター通信:英BPを「AA」から「BBB」に格下げ=フィッチ

現地は随分荒れているようですし、オバマ大統領もブッシュ前大統領の轍を踏まないように、ここぞとばかりに現地入りし、BPを叩きまくっています。
今後の補償を考え、BPに200億ドルもの額を預金するように要請しています
本当にそこまで必要なんですかね。

bloomberg:米上院民主党議員:BPに1.8兆円の特別勘定設立を要求-補償金で

さて、そんなボロクソに言われているBPですが、業績の方はいたって安定しており、一貫して好業績です。
キャッシュフローも例年通りと安定しています。
ここ1,2年は投資と借金返済のためにキャッシュフローは若干マイナスですが、全体的に良いと思います。

BPのCF

Google finance:BP(ADR)

PBRも名目では1倍割れです。
ここから補償費用等彼是引いても十分やっていけると思います。
割安になれば石油の巨大利権を欲しがる中国やインドが、BPの吸収に動くでしょう。
彼らは十分割安です。

という訳で、比率の高かった現金でBPのADRを買いました。
更に下がるようなら買い増したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

衛星はやぶさが帰ってきた

小惑星帯にサンプルを取りに行っていた衛星「はやぶさ」が帰ってきました。
大気圏で燃え尽きる様子はかなり見物です。

ねとらぼ:「はやぶさ」が光輝き、散っていく NASAが空撮映像を公開

すっかり忘れていましたが、何年か前にどこかの大学でこの衛星の話を聞きました。
勿論当時はこんな事になるとは思いませんでしたが。

印象的だったのは小惑星のサンプルをどう採取するのかについてでした。
最終的には今の「錘をぶつけてその粉塵を回収する」という方法になりましたが、其処に行き着くまでは結構大変だったようです。

forgotten beach:「はやぶさ」とは

最初に考案されたのは網で取る方法だそうですが、これだとサンプルが取れすぎてしまい、機体が傾いてしまう事が分かりました。

宇宙は真空状態であり、無重力状態(正しくは無重量状態)でもあるので、思ってもいない事が起こります。
錘の反動で機体が傾くとか、飛んできた小石で機体に穴が開くとか、苦労は耐えません。
機体の制御も大変です。

更に燃料の補充もできないのでなるべくケチろうとします。
機体が重くなるので余計なサンプルは積めません。
ブレーキ用の燃料をケチる為に態々大気圏への侵入角を調整し、最大限空気抵抗を受けるようにしているくらいです。
お金が無いのもあるらしいですが。

今回のイベントは中々興味深かったです。
中身がどうなのかも気になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカにお米を売るには

先日、東京MXテレビのゴールデンアワーという番組で、「世界に通用する日本の庶民の味とは?」という特集をやっていました。

9チャンネル:世界に通用する日本の庶民の味とは?

タイトルにあるとおり、各国に持って行ってもうけそうな食べ物や調味料が、外国人パネリストも交えて議論されていました。
想像通り、日本の食文化は極めて発達しており、世界的に見ても美味しいそうです。

理経済:納豆を売り込む人々

話された体験談で面白かったのは、インド人が「家の嫁のカレーはインド一だ」と言って、客人を招いてはご馳走していたそうです。
しかし実はそのカレーは日本で普通に市販されているカレールーを使った、日本では誰でも作れる普通のカレーだったそうです。
日本のカレールーは偉大ですね。

また調味料も人気で、日本のマヨネーズは味がいいと評判だそうです。
米国にもマヨネーズはあるそうですが、油っぽくてとても食べられないそうです(パネリストのアメリカ人談)
またソースも、発祥は外国でありながら日本で独自の発展を遂げ、アメリカでバカ売れしているそうです。

ヨシダソース:吉田潤喜ストーリー
日本ソース工業会:ソースはいつごろできたの?

番組中ではこれから世界に出して行けそうな食べ物を投稿形式で募集していました。
興味深かったのは「ご飯」つまり白米を海外に出しては?という投稿でした。

パネリストの外国人もウンウン肯いていたのですが、これもアメリカ出身のパネリストが、

美味しいのは認めますが、それは無理です。何故ならアメリカ人は直に計量カップを失くしてしまうから、美味しいご飯を炊けません。

と言っていました。

以前炊飯器と共にプレゼントしたら、カップだけ速攻失くされたそうです。
その後ペットボトルを切り抜いてカップを作ってあげたそうですが、こちらも直に失くしてしまったそうです。

電器屋に行っても、炊飯器は売っているのにカップは売ってもいなければ付いてもいないそうで、未だにお米を上手く炊けないそうです。
確かにこれでは普及しませんね。

アメリカ人は割とアバウトで、細かい事は気にしないようです。
証券会社から送られてくる資料の宛先が、何度訂正しても間違っている辺り、これは国民性なのでしょう。

また郵便番号も無い、住所も間違っているのにちゃんと手紙が届くのも、日本人の国民性なのでしょう。
郵政もこのノウハウ売ったら儲かるんじゃないですかね?

さてそんなアメリカ人ですが、白米の美味しさは好まれそうです。
ご飯にマヨネーズとか、ご飯にステーキとか、結構良さそうです。
と言う訳で、どうやって売ればいいか考えてみました。

(@_@)σずばり!
お米を小分けにし、ペットボトル1本分の水量で上手く炊けるように、お米一袋の量を調整するのです。
そもそも米1合に水180ccなんて日本人が考え出した概念です。
外国人にまでそれを押し付ける必要はありません。

一般に、ご飯の水加減は米1に対し水1.2と言われています。
ですから例えばペットボトル(500ml)の水を基準に考えれば、お米は420g(約3合)でちょうどよくなります。
お米(もちろん無洗米)一袋を420gに切り分け、「これ一袋と、500mlペットボトルの水を一本入れるだけ!」と表紙に大きく書いて売れば、カップを使わずに美味しいご飯が炊けます

水の量の方を調整すれば、飲料水もセットで販売できるかもしれません。
或いはペプシコなど飲料水ビジネスで出遅れている清涼飲料系メーカーを捕まえれば、彼らのお金で広告を打てるかもしれません。
小分けにするので売上は下がりますが、利益率は上げ易いです。

更に500mlで標準化すれば、ペプシコーラご飯とかゲータレードご飯とかも作れます。
私は不味いだろうと思いますが、外国人には外国人の味覚が有りますから、よさげかどうかは現地で調べるしかありません。
リゾットとかパエリアとか煮込みご飯みたいなものもありますから、調理法自体は受け入れられそうですし。

とまあこんな感じのアイデアです。
ヨシダソースみたいにアメリカンドリーム掴めるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受かったっぽい

今日行われた某会計系資格を受けてきました。
自己採点の上、回答の詳細がわからない為断言はできませんが、何とか合格したっぽいです。
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

前回は頑張ったのに落ちてしまい凹んでいましたが、リベンジは成功したようです。
今日は何か美味い物でも食べて、さっさと寝よー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胴元は儲かる④ - 最大の利権者

胴元シリーズ最終回です。
今まで色々な人達が影で笑っている事を書きました。
ただ彼らもまたある土俵の上で勝負をしており、この土俵を作っている存在がいます。
今回は彼らについて語ります。

理経済:胴元は儲かる① - 宝くじの場合
理経済:胴元は儲かる② - 銀行の場合
理経済:胴元は儲かる③ - アップル社の場合

結論から先に言ってしまうと、この黒幕とは国家の事です。
当ブログでも、お金について触れると度々彼らの影がちらついています。
何故かと言えば黒幕だから。
特に経済について語ると、結局はここに行き着くわけです。

理経済:何故銀行を救うのか?② - 昔のお金製造法

そもそもお金とは何なのでしょう?
一言で言えば「国家の借用書」です。
国家の借金とは国債や地方債だけとは限りません

ちなみに日本の場合紙幣は日銀、硬貨は財務省であり管轄が違いますが、実質的には同じものです。
現に投資家も銀行も、そして皆さんもそんな事気にしていないでしょう?
どちらかに不備が出ればそれはもう片方にも飛び火します。
両方とも同じお金ですから。

国債とお金は制度的に異なるものですが、実質的に同じものです。
紙幣は確かに日銀が出していますが、国が発行した国債を引き取り、その見返りに日本銀行券(=紙幣)を渡しています。
誰が最初に受け取るのかに違いがあるだけで、結局は繋がっています。

本当は引き受けてはいけないのですが、国の許可した範囲(つまり政府に都合のいい額)を引き受けています

日本銀行における国債の引受けは、財政法第5条によって原則として禁止されています。…(中略)…ただし、金融調節の結果として保有している国債のうち、償還期限が到来したものについては、「財政法」(第5条ただし書き)の規定に基づいて、国会の議決を経た金額の範囲内に限って、国による借換えに応じています
>>日本銀行が国債の引受けを行わないのはなぜですか?

よく「中央銀行の独立性」と言われますが、正確には金融政策や業務の独立性が認められているだけで、完全に独立している訳ではありません。
お金も国債も国家の力、もっと言うと信用という根っ子で繋がっています。

国債が暴落するとその国のお金が紙切れになるのはこの為です。
国債も国の借金ですから、これが払えませんという事になると、国家の信用が無くなります。

同じ借金であるその国のお金にも「踏倒されるのでは?」という疑念が浮かぶ訳です。
踏倒されないまでも、増税等で手持ちが少なくなる可能性があります。
恐怖に敏感な人からドンドン逃げていく訳です。

最近この事が意識されたのはギリシャ問題です。
ギリシャの隠れ債務が露呈し、これが元でユーロが暴落しています。


PIIGSの財政問題
アップロード者 samthavasa. - 最新のニュース動画。

よくよく考えると不思議な話です。
ギリシャの財政が駄目で、その借用書である国債が売られるのは分かります。
実は借金魔人だった友人に追加で貸そうとする人はいませんし、催促する人も多いでしょう。

しかし、何故ユーロまで売られるのでしょうか
ユーロは欧州中央銀行(ECB)で管理しています。
本当に通貨と国債が独立しているのなら、ギリシャ問題とユーロはあまり関係ないように思えます。
なのに実際はユーロ不安に繋がりました。

これは上記のようにギリシャ国債を担保に通貨ユーロを貸し付けていたからです。
ユーロとは(ユーロ)加盟諸国が連盟で発行している借用書なのです。
ですから誰が犯人であれ、連名の借用書に少しでもケチがつくと疑念が疑念を呼び大変な事になるわけです。
このようにお金と国債は繋がっている訳です。

まあこれは異常事態ですから(意外とそうでもありませんが)除外するとして、平常時は国家の胴元としての力は強大なものです。
其処に住む人々はお金というチップを使い、税金という場代を支払って生活しています

このチップは胴元が勝手に作った、それ自体には全く価値の無いものです。
しかしそのテーブルに座っている人々は、付加価値を担保にチップを手に入れ、チップの増減に一喜一憂します。
そして胴元はチャッカリ両替料と参加料を頂く訳です。

場に居る人々が胴元側の換"金"能力の無さに気付くまでは、いくらでもチップを作れますし、放っておいても皆さんが稼いでくれる為ウハウハです。
独立行政法人などの放漫な経営は、この場代によって支えられています。

イヤー美味しいですね。
天下りした人達もきっと同じ事を考えている事でしょう。
国家こそ最大の利権者なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法人税もいいけど税制改革もして欲しい

鳩山さんの辞任で話が飛んでしまいましたが、今度の財務副大臣も法人税の引き下げには前向きなようです。

峰崎直樹財務副大臣は10日午後の会見で、法人税率引き下げ問題について、政府が6月中にとりまとめる予定の新成長戦略に引き下げ幅を盛り込むことは難しいとし、「秋の税制調査会でしっかり議論すべきだ」との認識を示した。
>>新成長戦略、法人税引き下げ幅明記は困難=峰崎財務副大臣

前々からいわれている通り、日本の実効法人税率は世界的にも高水準です。

実効税率の国際比較

財務省:法人所得課税の実効税率の国際比較

世界中が減税傾向ですから日本も追随せざるを得ない訳ですね。

ただ常々思うのですが、法人税の引き下げもさることながら、まずあの複雑な税制を何とかして欲しいです。
青色なら家賃やら携帯代金やらで節税し放題です。

理経済:内部留保に課税するらしい

一方サラリーマンなら源泉徴収と、税制に差が有ります。
「取れるところから取れ」で、特に源泉徴収されている皆様は、必要以上に取られる事もしばしば

勿論税制に則ったものですが、本気で集計すると払わなくていいものが多々あります。
例えば医療費控除とか。
実は10万円以下でも控除対象になりますし、市販薬も物によっては控除対象になります。

AllAbout:10万円以下でも医療費控除が取れるってホント?

そもそも何で青色と白色で分かれているんでしょうかね?
こんなに複雑にしたら、税務署が把握できなくなって節税する連中がわさわさ出てくるでしょうに。

AllAbout:青色申告と白色申告の違い

チェックも煩雑になるし、申告の中身もいい加減になり易いでしょう。
本来免許を持ってないと書けないような物を個人や中小企業のオーナーが書くわけですから、区分とかいい加減になりそうなものですが。

抜け道をふさいでおいた方が職員のコストとか国民の負担とかチェック機能の強化とか、色々メリットがありそうなんですがね。
税務署とOBの既得権なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone4が発売! あれiPadは?

アップル社がiPhone4を発売するそうです。

WSJ.com:米アップル、新携帯端末「iPhone4」を発表

あれ、ついこの前iPad出して電子書籍に参入するとか言っていませんでしたっけ?
それなのにiPadより小さくてより電話っぽい端末を矢継ぎ早に発売するなんて、ちょっと性急過ぎるんじゃないでしょうか?

電子書籍が扱えないのなら住み分けができていると言えるのですが、どうやらそうでもないようで、iPad用に作られたはずの電子書籍アプリ「iBook」を使えるようにするそうです。
お値段は約2万円とiPadの半値以下です。

iPad向けに先にリリースした電子書籍アプリ「iBooks」にも対応。iPadで購入した電子書籍をiPhoneでも追加料金なしに読むことができ、しおりの位置などもデバイス間で同期できるという。
>>「iPhone 4」発売は6月24日 「iOS 4」アップデートは21日から

しかもこのiBookは新OSの形で既存のiPhone3Gや3GSにも配信するそうです。
これではiPadを買った人は馬鹿みたいです。
何か買ったメリットあったんですかね?

ゲーム機として使えるかなとも思ったのですが、重いうえにLRの位置が微妙すぎて、どうも使い勝手が悪そうです。

元々アップルはコンテンツ支配が目的であり、端末なんてどうでもいいわけですから、ある意味わかり易い行動ですね。

このニュースを見た後、以前iPhone3Gを買った時の契約書を見てみました。
端末代が7万円と書かれていて驚きました。
しかもこの2ヶ月位後に3GSが出て1万円に値下がりしたのでショックも大きかったです。

OSのバージョンアップで差分は埋めてくれるだろうと高を括っていましたが、もっと阿漕な方々だったようです。

理経済:iphoneを買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

胴元は儲かる③ - アップル社の場合

シリーズ3回目です。
今回は今を時めく大企業、アップル社にご登場願います。

理経済:胴元は儲かる① - 宝くじの場合
理経済:胴元は儲かる② - 銀行の場合

アップルと言えばiPhoneiPodで成功を収め、世界一のIT企業へと躍り出ました。
社長のジョブス氏は一躍時の人となり、ブログやテレビ等、至る所で彼らの名を聞きます。
新しく出したiPadも話題の中心であり、当ブログでも「iPad」の検索で来訪される方が多数います。

世界四季報:アップルの時価総額が20年ぶりにマイクロソフトを抜く
ブログネタ: もう見た? 触った? “iPad”をどう思う?参加数拍手

さてそんなアップル社ですが、彼らは別にiPhoneやiPadを製造している訳ではありません
作っているのはフォックスコンのような下請け会社(EMS)です。

アップル自体は販売部分やOS、デザインを担当しています。
アップルはサービス部分を担当する事で、高い利益率を誇っています
業績もうなぎのぼり、借金も無く絵に描いたような優良企業です。

AAPLの業績

Google finance:AAPL

更にここ最近ではコンテンツ市場への参加が目覚しく、高い印税率やコンテンツ作成料を謳い文句に、シェアを広げているようです。
彼らの最終的な目標はコンテンツ産業の支配でしょう。
iPadだろうがiPhoneだろうが媒体自体はどうでもよく、だからこそ製造自体は外注するのです。

コンテンツ市場は140兆円とも言われ、非常に巨大です。
印税率70%を著作者に出しても、余裕で利益が出ます。
そして重要なのは、自分達が頑張らずとも優れたユーザーが良い作品を作ってくれればそれだけで場代分30%が転がり込んでくる事です。
美味しいですね。

ITPlus:全世界のコンテンツ市場、2013年に167兆円規模に 日本は人口増えず低調

ただ余りにも下請けイジメをしすぎた所為か、ぽろぽろと綻びも出ています。

ASCII.jp:iPad人気の影響!? Foxconnで自殺者続出の理由

さてそんなコンテンツ市場の支配を企むアップル社ですが、実はまだまだ後ろに黒幕がいます。
こちら↓の企業の利益推移を御覧ください。
2007年に急激に売上と営業利益が上がっています。

T

これは米AT&Tの決算です。
日本で言う所のNTTで、電話回線や光ケーブルなどを握っています。
アップルともくっ付いており、iPhoneの契約も結んでいます。
基本的に横ばいの利益なのに、07年に明らかな伸びを示しています

iPhoneが米国で発売したのは07年6月に米国で発売されました。
それから急激に売上が伸び、アップルは急進しました。
そしてその裏では彼らと契約した通信メジャーが大きな利益を得ている訳です。

携帯データ・サービスの売上高は、スマートフォンおよび3G携帯端末の普及が貢献し、前年同期比57.5%の増加を達成しました。
>>AT&Tが2007年第4四半期の業績を発表 PDF

場を立てた人間はやはり強いんですね。
場の上に乗っかっている人が頑張ってくれれば、その利益は確実に下に落ちてきます。
私がオラクル食品産業等、縁の下の力持ち型企業を推すのはその為です。

理経済:流行りと廃り③ - 変わらないもの

イヤー胴元って儲かりますな。

続く…
理経済:胴元は儲かる④ - 最大の利権者

続きを読む "胴元は儲かる③ - アップル社の場合"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとあきれた - 内閣支持率の回復

本当は胴元シリーズ3回目を書く予定だったのですが、あまりにも驚いてしまったので、割りこんで書きます。
新たに発足された菅政権の、内閣支持率速報が出されました。

世論調査で菅直人新首相に「期待する」と答えた人が57.6%に上ったと、共同通信が5日夜に伝えた。民主党の支持率も前回から15.6ポイントと大幅に改善して36.1%なったとしている
>>菅新首相に「期待する」57%、民主支持36%に改善、世論調査-共同

先日「顔を変えれば確かに一時的に支持率は回復」すると書きましたが、本当にそうなってしましました。
こんな減点法では、新政権も早々に潰れてしまいます。

理経済:まるで途上国 - 成長率の差は意識の差

2ヵ月後には参議院選が控えています。
取りあえず支持率は回復しましたが、おそらく参院選の敗北は免れないでしょう。

そうなるときっとまた「選挙の責任を取って…」なんて話になったり、内部の派閥から菅降ろしの声が上がるでしょう。
支持率も右肩下がりになると思います。

いい加減こういう減点法はやめた方がいいと思います。
最初は低めに「興味はあるけど期待はしない」と言っておいて、良い事をしたときに加点すればいいと思います。
衆議院の解散選挙がほぼ3年後になるとすると、後2人も首相が変わるということになります。

PIGS問題が片付いたら日本にも話が振られそうです。
この決断を先送りするゴタゴタ劇が、本当に国民が望んでいる事なのでしょうか?
これが日本の本心なのかもしれません。
やはりこの国に資本を置き続けるのは危険なようです。

理経済:静かなるキャピタルフライト おまけ - 意外に知らない日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バフェットの投機論

投資王バフェット投機ギャンブルについて語っています。

投機とギャンブルを区別しよう。わたしの見解では、ギャンブルとはリスクを創出する必要のないときにリスクを創出することだ

「トウモロコシであれカラスムギであれなんであれ、春に作付けをして秋に収穫することは、秋に自分の作物に付く値段について投機をする行為だ。この作業を別の投機筋に担わせることもある」
>>バフェット氏、ギャンブルと投機の違いを語る

リスクは常に存在しますが、ギャンブルは養殖物、投機は天然物という事ですか。
なるほど、確かにそう考えると宝くじや競馬はギャンブルですが、貯金はギャンブルではないのですね。
貯金だって金利リスクを取っていますが、これは自然発生するものをヘッジするのですからギャンブルではないわけです。

投機取引の本来の意味は、「キャピタルゲインのみを目的として行う」取引のことです。
ですから、長い目で見るとほとんどすべての人が投機家と言えます。
投資は長期、投機は短期というのは意味ではなくイメージです。

昔から金融業界を見ると、レバレッジをかけて態々リスクを増加させたり、色々なリスクを掛け合わせたりと、本来の目的とは逸脱しています。
投機を英訳するとgambleと書く事もありますが、理由はこの辺から来ているのかもしれません。

投機というっだけで怪訝な顔をする人がいますが、名前で区別できるような単純なものではないんですね。
宝くじを買う人も立派な投機家なわけですから。
結局問題なのは言葉の定義ではなく、欲に感けた人間の問題のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブランド向上CM - アイアンマン2とオラクル

先日テレビを見ていたら、オラクルのCMがやっていました。
オラクルは映画アイアンマン2のスポンサーになっているようで、映画内でもラリー・エリソンがちょっとだけ出演しているそうです。

それにしても凄いCMですね。
オラクルDB+筐体だと普通に1000万円くらいするのですが、それを態々家庭向け番組で流すとはww
思わず驚きの声を上げてしまいました。

Oracle テクノロジー製品 日本国内価格表一覧 PDF
教えて!goo:SQLserverやOracleなどの導入費用

しかもオラクルDBなんて家庭には必要ない(MySQLかエクセルで我慢です)ですから、売る事を目的としたCMではないようです。

他にも日本の原油企業である国際帝石がCMをしていました。

国際石油開発帝石株式会社:テレビCMライブラリー

この会社もあまり一般家庭とは接点がありません。
これ等は自社のイメージを向上させるためのCMなんですね。
昔からある程度ありましたが、最近若干比率が上がった気がします。

目立とうとする事が必ずしも良いとは思いませんが、自分達のやっている事を世に示すのは良いと思います。
社員もモチベーションが上がるでしょうし。

暫くこういう企業がちらほら出そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胴元は儲かる② - 銀行の場合

シリーズ2回目です。
今回は超薄利超多売の代名詞である銀行(FG)にお越しいただきました。

理経済:胴元は儲かる① - 宝くじの場合

さて、まず銀行がどの位薄利多売なのか、ROAから見てみましょう。
ROAとは総資産(≒自分のお金+借金)に対して、どれくらい儲けているかをパーセンテージで表したものです。
高いほど高利、低いほど薄利ということになります。

データが古いので恐縮ですが、銀行以外のROA平均です。
現在はこれよりも若干高いです。

業種別ROAの比較

日本政策投資銀行:長期低下傾向にある日本企業のROA PDF

そしてこちらは銀行業です。
代表として三菱UFJフィナンシャルグループのデータです。

三菱UFJFGのROA

Ullet:三菱UFJフィナンシャル・グループ

桁が低いのが見て取れます。
これはMUFGに限らず銀行業種全体に言えます。
彼らはぼろ儲けしているように見えますが、それはひとえに借金(=皆さんの預金)のおかげと言えます。
特に日本の銀行はダメです。

各国銀行のROA

広瀬隆雄:ブラジルの銀行業界

先日ゆうちょ銀行の残高上限を引き上げるか否かでもめていました。
民間銀行が強く反応したのは、自分達の薄利が分かっているからなのかもしれません。
実質民間からの預金で成り立ち、高い給料を貰っているわけですから、その残高が少しでも減れば利益の減少に繋がりかねません。

給料などの固定費は利益が減っても中々減らせませんから、仮に預金残高の減少で利益が減れば株主に怒られます。
それが駄目なら社員の賞与カットです。
だからほんの少し預金減の可能性でも反応したのかもしれません。
民業圧迫なんて言われましたが、単に自分達の技術力の無さが原因のようです。

さてここまで見てきたように、彼らは薄利多売でありながら、お金というチップ、金利という場代によってセコセコ稼いでいる訳です。
彼らが凄い訳でもなんでもないのに、胴元ということで彼らの所にはお金が転がり込み、従業員は高給取りになれるのです。

理経済:何故銀行を救うのか?① - 信用創造の仕組み

しかも銀行法でがっちり守られていますからバッチリですね。
おいしいですねー。
彼らの反映はそのまま胴元の強さを表しています。

続く…
理経済:胴元は儲かる③ - アップル社の場合
理経済:胴元は儲かる④ - 最大の利権者

ところでご存知の通り07年半ば頃から、銀行を含む米国の金融機関は凄まじい逆風に見舞われました。
大手とされていた銀行や証券会社、保険会社がばたばた潰れました。
胴元であるはずの彼らが何故大損したのでしょうか?

これは単純に期待値の予想を失敗したからです。
期待値の計算は案外難しく、実際の社会では簡単に算出できません。
例えば人間は周りが不安になれば自分も不安になりますし、隣の人が「株で儲けて豪邸を建てた」と聞けば、自分もできるかもと感じます。
サイコロのように毎回同じ確率で決まった範囲の目が出る訳ではありません。

胴元であっても期待値-費用がマイナスになることはあります。
最初に予想したよりも期待値が下がるかも知れません。
費用はある程度自分で決められますが、"期待"はあくまで天運ですからね。

理経済:咽元過ぎれば熱さを忘れる② - AIGの悲劇

あの時は様々な要因が重なり期待値が下がったり、プライヤーが減る事で期待のブレが大きくなったりした為、胴元も上手く儲けられませんでした。
胴元だから必ず儲かる訳ではありません、意外と忘れがちですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるで途上国 - 成長率の差は意識の差

ご存知の通り、鳩山首相が急遽辞任しました。
海外のブログでは割と惜しむ人が多いようです。

ザ・ディプロマット」は鳩山首相の後任について、前任者が「浪費した」ような支援を受けられないため、苦しい戦いを強いられるとの考えを示した。「自民党による政治が実質途切れなく何十年も続いた後、日本の政治に大いに必要とされていた新たなスタートに期待していた国民にとって、非常に残念な日だ」としている。
>>【ブログ】鳩山首相辞任、外国人ブロガーはこうみる

辞めなければ鳩山降ろし、辞めれば問題視され、鳩山元首相も散々ですね。
まあ雰囲気的に長続きしなそうでしたが、自民政権よりも短命とは驚きです。
参院選では菅首相で臨みそうですが、支持率は微妙そう。

理経済:官僚の、正体見たり、・・・ - 政権交代など意味がない

日本人は流行り廃りが激しく首相でさえも年替わりです。
タイでクーデターが起きたり韓国で牛肉デモがあったりと、新興国は政治不安が耐えませんが、それでもアピシット首相イ・ミョンバク大統領も退陣していませんから、日本よりは安定しているんですね。

制度の違いはあるでしょうが、それでもちょっと日本の政治不安は異常です。
官僚に抱きこまれるのは、彼らの方が在任期間が長いからかも知れません。
たった一年でころころトップが替わるのならば、そりゃ官僚主導にもなります。

思うに、日本人は全体的に他力本願過ぎるように思います。
「首相は指導力が無い」とか「顔だけ変えても駄目」とか言いますが、「ではどう指導すればいいと思いますか?」と聞き返すと、よく分からない答えや一般論が返ってきまし、顔を変えれば確かに一時的に支持率は回復します

歴代内閣支持率

毎日.jp:毎日新聞世論調査:内閣支持率33% 不支持は初の5割超

全体水準は落ちていますが、確かに交替直前と直後では回復傾向が見て取れます。
だったら分が悪くなれば交替已む無しとなるでしょう。
いい加減この悪習は無くしたほうがいいと思うんですがね。

また、日本の経営者は指導力がない人が多く、エスカレーター式でトップになったような人がたくさんいます。
指導力不足は日本社会全体に蔓延している事です。
誰が首相になっても、それだけで社会が一変に変わるものではありません。

理経済:世界経営者会議2009に参加する学生の為に③

そして、政治が変わるにせよ首相が変わるにせよ、もし世の中が変わるのならば自分達の生活も変わるわけですから、それに対応できるようそれなりに努力する必要があるでしょう。

天からお金が振ってきて、借金が返せる勝手に商売が回るなんて、そんな馬鹿な話があると思いますか?
痛みが伴うかは場合によりますが、慣れるまでそれなりに違和感はあると思います。
ならばそれに対応する努力位しても、罰は当らないと思います。

ちょっとトップに頼りすぎだと思います。
日本と途上国で、同様の政治不安を抱えながらも成長率に雲泥の差が有るのは、きっとこの辺りに起因するのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナダが利上げ

カナダが利上げを発表しました。
0.25%と控えめですが、妥当な判断です。

カナダ銀行(中央銀行)は1日、政策金利を過去最低水準から引き上げた。昨年の世界的なリセッション(景気後退)以降、主要7カ国(G7)で利上げに踏み切ったのは同国が初めて。
>>カナダ銀行:0.5%に利上げ、G7ではリセッション後初めて

カナダは先進国の中でもかなり堅実な財政状況です。
世界各国が経常赤字を積み増す中で黒字を維持していましたし、財政出動も控えめでした。
人口流入もぼちぼち続いており、焦らず騒がず着実に、カメのような経営をしています

理経済:カナダの国際比較① - 日本の借金の国際比較

失業率も、世界的な景気悪化で上昇はしたものの、全体的に下降傾向です。
カナダの銀行勢も消費者金融などトレーディングではなく生活に密着した部分で利益を出しています

[世] 失業率の推移(日本、アメリカ、カナダの比較)

世界経済のネタ帳:失業率の推移画像

Bloomeberg:加ノバスコシア銀:2-4月は過去最高益、消費者向け金融が好調
Bloomeberg:カナダ大手行の2-4月:RBCなど3行が予想下回る

これは非常に良い傾向だと思います。
証券アナリストなどには非常に叩かれるでしょうが、長い目で見てばら撒いた資本の回収をボチボチ始めても良い時期です。

必要以上にお金を撒き過ぎると回収が難しくなります
バブルは風船と同じで、膨らませるのは簡単ですが害無く萎ませるのは難しいものです。
少なくともグリーンスパンにはできませんでした。
彼以上の人はそういないでしょうし、それでも無理でしょう。
膨らみすぎる前に適度にガス抜きする方がいいのです。

この流れを受けても欧米は追随しないでしょうし、投資家からブツクサ言われるでしょうが、気にする必要はありません。
信念を持って立ち向かってください。
私は一投資家として応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

胴元は儲かる① - 宝くじの場合

よく言われる事ですが、得てしてギャンブルの胴元は儲かるものです。
正確には必ず儲かる訳ではありませんが、やり方次第で儲かる事は実証されています。
今回は色んな胴元の皆様に登場してもらうお話です。

まず断っておきますが、胴元が必ず儲かるとは限りません。
あくまで値段設定次第です。
やり方次第で儲かりもすれば損もします
あくまで期待値分の粗利益から人件費等を差し引いた分が儲けになりますから、設定次第では損も出ます。

一般的に言って、胴元側が上手い事設定しているので損が出難いという事です。
ただし利益は絶対的なものではありません
ここは非常に重要な点です。

NHKオンデマンド:爆笑問題のニッポンの教養 「ギャンブルの正体~ギャンブル学・谷岡一郎」
カジノ合法化に関する100の質問:「ギャンブルは胴元が必ず儲かるようにできている…」論について

さてそんなギャンブルですが、代表的なのは宝くじ(正しくは富くじ)です。
夢を買う」なんて言いますが、先日の仕分けで叩かれていた所を見ると、国民の夢は変なところに使われているようです。

宝くじの売上高は年間1兆円にもなります
ヤマハ京セラ同じ位です。
凄いですね。

宝くじの売上高

日本宝くじ協会

問題なのはこの粗利率。
売上の半分(5割)以上は当選金を出してはいけません
これは法律ではっきり決まっており、許可無く出すと違法行為となります。

当せん金付証票の当せん金品の金額又は価格の総額は、その発売総額の五割に相当する額をこえてはならない。
>>当せん金付証票法 第五条 一項 (括弧書きは削除しています)

この為粗利は常に5割を超えます。
ここから人件費等を引くのですが、5000億円もの利益ですから多少ちょろまかしても分かりはしません。
こちらのサイトでは実際に当選金から粗利を計算しています。

宝くじと天下り

UNIQUE LABORATORY:「期待値の話」リターンズ

更に、宝くじにはLottery Effect、所謂宝くじ効果が働きます
これは「少ない元手で高い賞金」というギャンブルでは、それがどれほど低い確率でも市民は積極的に参加するという経済理論です。
300円で3億円の可能性を手にできるなら安いもの、と皆挙って買いに行きます

一般に、物は小売りにされればされるほど割高になるとされています。
コンビ二は定価販売なのに、スーパーが値引き販売しているのもこの為です。
逆に企業が合併するのは、大量買付により割安に仕入れるのが理由の一つとされています。

Wikipedia:規模の経済 Economy of scale

宝くじ効果はこれを更に増大させたものです。
夢を買うとはいいキャッチコピーですね。
まさしくその通りです。
フリーミアムと同じで、非現実的な数字は大きくても小さくても意味があるんですね。

これにより胴元である国や地方公共団体はぼろ儲けできます。
しかも法律で規制する事で、国家とその子供達が独占的にこの利益を手にできます。
イヤー美味しいですなー。
やっぱり胴元は強いのです。

続く…
理経済:胴元は儲かる② - 銀行の場合
理経済:胴元は儲かる③ - アップル社の場合
理経済:胴元は儲かる④ - 最大の利権者

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »