« 胴元は儲かる② - 銀行の場合 | トップページ | バフェットの投機論 »

ブランド向上CM - アイアンマン2とオラクル

先日テレビを見ていたら、オラクルのCMがやっていました。
オラクルは映画アイアンマン2のスポンサーになっているようで、映画内でもラリー・エリソンがちょっとだけ出演しているそうです。

それにしても凄いCMですね。
オラクルDB+筐体だと普通に1000万円くらいするのですが、それを態々家庭向け番組で流すとはww
思わず驚きの声を上げてしまいました。

Oracle テクノロジー製品 日本国内価格表一覧 PDF
教えて!goo:SQLserverやOracleなどの導入費用

しかもオラクルDBなんて家庭には必要ない(MySQLかエクセルで我慢です)ですから、売る事を目的としたCMではないようです。

他にも日本の原油企業である国際帝石がCMをしていました。

国際石油開発帝石株式会社:テレビCMライブラリー

この会社もあまり一般家庭とは接点がありません。
これ等は自社のイメージを向上させるためのCMなんですね。
昔からある程度ありましたが、最近若干比率が上がった気がします。

目立とうとする事が必ずしも良いとは思いませんが、自分達のやっている事を世に示すのは良いと思います。
社員もモチベーションが上がるでしょうし。

暫くこういう企業がちらほら出そうですね。

|

« 胴元は儲かる② - 銀行の場合 | トップページ | バフェットの投機論 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/48552336

この記事へのトラックバック一覧です: ブランド向上CM - アイアンマン2とオラクル:

« 胴元は儲かる② - 銀行の場合 | トップページ | バフェットの投機論 »