« 衛星はやぶさが帰ってきた | トップページ | 理想と現実のギャップ »

BP(NYSE:BP)破綻懸念?

石油メジャーの末席として名を馳せた英国のBPが「破綻の瀬戸際」と叩かれています。
格付けも機器に敏感なフィッチが、真っ先に大幅格下げをしています。

メキシコ湾での原油流出事故に伴う賠償責任により油井を保有する英BPが破たんするとの懸念が、米議員やアナリストらの間で強まるなか、米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請しても同社が賠償金の支払いを回避できる可能性は低いとの見方が、企業再編の専門家らの間で広がっている。
>>英BP:破たんしても費用負担避けられず、原油除去など

ロイター通信:英BPを「AA」から「BBB」に格下げ=フィッチ

現地は随分荒れているようですし、オバマ大統領もブッシュ前大統領の轍を踏まないように、ここぞとばかりに現地入りし、BPを叩きまくっています。
今後の補償を考え、BPに200億ドルもの額を預金するように要請しています
本当にそこまで必要なんですかね。

bloomberg:米上院民主党議員:BPに1.8兆円の特別勘定設立を要求-補償金で

さて、そんなボロクソに言われているBPですが、業績の方はいたって安定しており、一貫して好業績です。
キャッシュフローも例年通りと安定しています。
ここ1,2年は投資と借金返済のためにキャッシュフローは若干マイナスですが、全体的に良いと思います。

BPのCF

Google finance:BP(ADR)

PBRも名目では1倍割れです。
ここから補償費用等彼是引いても十分やっていけると思います。
割安になれば石油の巨大利権を欲しがる中国やインドが、BPの吸収に動くでしょう。
彼らは十分割安です。

という訳で、比率の高かった現金でBPのADRを買いました。
更に下がるようなら買い増したいと思います。

|

« 衛星はやぶさが帰ってきた | トップページ | 理想と現実のギャップ »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/48642195

この記事へのトラックバック一覧です: BP(NYSE:BP)破綻懸念?:

» BP格下げ ~フィッチ、S&P、ムーディーズ [金融起業家河合圭のオフショア投資ブログ]
英石油大手BPが一気に格下げである。原因はもうご存知のメキシコ湾での原油流出問題で保証として1兆9000億円(200億ドル)拠出すると発表したこと。これにより格付け会社各社相次ぎ格... [続きを読む]

受信: 2010年7月14日 (水) 13時02分

« 衛星はやぶさが帰ってきた | トップページ | 理想と現実のギャップ »