« フィンランドの教師も - 答えの無い問題 | トップページ | 不便はチャンス - 小さい電子レンジ »

競争力でもアジアの力が目立つ

先日、アジア限定の大学ランキングを掲載しましたが、今度は世界全体における競争力ランキングです。
香港やシンガポールのみならず、アジアの前進が目立ちます

2010年国際競争力1位はシンガポール(昨年3位)、2位は香港(同2位)、3位は米国(同1位)、4位はスイス(同4位)、5位はオーストラリア(同7位)だった。さらに6位スウェーデン (同6位)、7位カナダ (同8位)9位台湾 (同23位)、9位ノルウェー(同11位)、10位マレーシア(18位)と続く。
>>インドの競争力58カ国中31位:日本27位、アジア中位以下に

日本は27位(昨年17位)と、ベスト10から遠のいています。

前述の通り、アジア圏のランキング上昇が目立ちます。
特に台湾は並居る強者を牛蒡抜きです

台湾にはiPhoneを製造するフォックスコンや、グーグル携帯を製造するHTCがあります。
またノートPCのエイサーなどの本拠地でもあります。
電子機器はお手の物です。
スマートフォンの追い風が大きかったのでしょう。

日本もこういった勢いのある企業を育成したり招いたりしないと、飯の種が無くなりそうです。

|

« フィンランドの教師も - 答えの無い問題 | トップページ | 不便はチャンス - 小さい電子レンジ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/48413608

この記事へのトラックバック一覧です: 競争力でもアジアの力が目立つ:

« フィンランドの教師も - 答えの無い問題 | トップページ | 不便はチャンス - 小さい電子レンジ »