« iPad熱が凄いけど | トップページ | 胴元は儲かる① - 宝くじの場合 »

JALの株主優待

JAL株主優待が廃止される事になりました。
国税を投入された以上、株主への還元は後回しになるのは当然ですね。
上場廃止決定後に株を買った方々は記念か投機が目的でしょうから、文句も出ないでしょうし。

前原国土交通大臣は閣議のあとの会見で、会社更生法の適用を申請し、経営再建中の日本航空が株主優待券を今後も続けるかどうか検討していることについて、「一般の国民からは理解されない」と述べ、発行すべきではないという考えを示しました。
>>日航株主優待券“理解されない”

この調子だと、マイレージにも手が入りそうです。
株主優待とは違い、マイレージは顧客に配布されるものですが、顧客の利益を国税で賄うという理論は説得力に乏しく、其処までするなら国営にすれば、となりかねません。
おそらく減価の形で手が入るでしょう。

理経済:JALも倒産か… 若者の日本離れ

それにしても、本来これで資本流出が若干抑えられるはずなのですが、経営の方は芳しくないようです。
再建計画は遅延気味で、この調子だと10年は再建できませんね。
りそなは7年掛けても再建できませんでしたが、JALはどうなるんでしょうかね。

可哀想なのはJALの新入社員。
少なくとも10年は安月給でヘコヘコ働かされる事になります。
管理職は割り増し退職金を受け取っておさらばですから、まだマシかもしれません。

まあ、経営状態もよく調べずに就職した学生側も悪いんですが。
どうなることやら。

理経済:市場の声なき声を聞く - JALから学んだこと

|

« iPad熱が凄いけど | トップページ | 胴元は儲かる① - 宝くじの場合 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/48501558

この記事へのトラックバック一覧です: JALの株主優待:

» 貸金規制強化で倒産が増える? [小浜二郎のニュースご意見番]
多重債務問題の解決を目指して6月18日に完全施行される「改正貸金業法」について、企業の約5割が「倒産の増加」につながると懸念していることが3日、帝国データバンクの調査で明らかになっています。調査は全国約2万社を対象に実施。「個人事業主を含めた倒産が増加すると回答した企業は48・6%。「個人破産の抑制につながり、社会的にも自殺防止によい」との評価する声がある一方で、「ヤミ金融に頼らざるを得ない人が多くなる」といった“副作用”を指摘するも... [続きを読む]

受信: 2010年6月 4日 (金) 14時52分

« iPad熱が凄いけど | トップページ | 胴元は儲かる① - 宝くじの場合 »