« チャンスを掴むのは難しい┐(゚~゚)┌ | トップページ | 日本が誇るもの おまけ - 日本に足りないもの »

3D映画を見てきた

連休を使って映画「アリス・イン・ワンダーランド」の3D版を見てきました。
映画の中身については他のブログにも彼是書かれているので、其方を御覧ください。
私はまあ…、DVDは遠慮しときます。

Yahoo!映画:アリス・イン・ワンダーランド

今回ブログに書くのは3D技術についてです。
今話題の3Dですが、まだまだ前途多難なようです。
そもそも3Dは表現方法の一つな訳ですから、中身が伴わないとやっぱり駄目だと思うのですが、その辺は取りあえずスルーで。

さて、私が映画館に行くと、3D眼鏡を渡されました。
緑色の偏光板を使った物のようでしたが、少し種類が違うようで、二つを重ねても光を遮断できませんでした。

このレンズは扱いが面倒で、拭いてはいけませんとか触ってはいけませんとか、やたらと注意事項の書かれた紙を渡されました。
その上重く、眼鏡の上に3D眼鏡は結構辛いものがあります。

映像の方はと言うと、確かに浮いて見えます、特に字幕が。
躍動的な描写だとより立体的に見えますし、字幕のように全く動かないものは浮いて見えます。
しかし、遅い動きなど中途半端な動きには対応していないようで、あまり浮いてきません

また浮いてくると言ってもカットが丸ごと浮いている感じがします。
演劇など実際目で見る描写の場合、光源の位置によって、同じ顔でも位置によって影ができたり明るく見えたりします。

しかし3D映像の場合、あくまでカメラで取った光の当り方をそのまま描写していますから、どうも違和感が残ります。
結果、顔全体が浮いている感じがします。
ちょうど「飛び出す絵本」みたいな感じです。

更に偏光板を使っているため、色が変な感じになります。
映像が全体的に暗くなる為、映画館なら許せるのですが、家庭で見るにはちょっとキツイ気がします。
目も凄く疲れますし。

"実用化"のレベルにすれすれで届いていると言うのが、3Dの現状のようです。
家庭用を買う場合は、まだまだ技術向上を待つ必要がありそうです。

|

« チャンスを掴むのは難しい┐(゚~゚)┌ | トップページ | 日本が誇るもの おまけ - 日本に足りないもの »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/48318985

この記事へのトラックバック一覧です: 3D映画を見てきた:

« チャンスを掴むのは難しい┐(゚~゚)┌ | トップページ | 日本が誇るもの おまけ - 日本に足りないもの »