« そろそろ利上げの時期 | トップページ | 日本が誇るもの② - オタク文化編 »

ジオスの破綻

英会話のジオスが破綻しました。
うちの近くにはイーオンジオスがあり、どちらにしようか迷ったのを思い出します。
ちなみにイーオンに通いました。
結構良かったです。

全国で英会話教室を展開する業界大手の「ジオス」は、受講生の減少などで資金繰りに行き詰まり、自力での経営の再建が困難になったとして、裁判所に破産を申し立てました
>>英会話ジオス 破産申し立て

私が迷った当時、NOVAが潰れた直後でした。
英会話学校もピリピリしており、イーオンでは信託保全について彼是説明されました。

人口も減少に加えて、英会話学校の乱立も原因のようです。
確かに色んな所に英会話学校は有りますし、ロゼッタストーンのようなCDで出来るものも増えてきました。

更にスカイプを使って自宅学習出来るタイプも出てきました。
オンラインを使えば、時差を利用して24時間いつでも学習できるというメリットが有ります。
お値段も1ヶ月7000円とお安くなっています。
一般の英会話学校は夜間はやっていない事が多いですからね。

Englishtown

こういった競合会社が増えた事も原因でしょう。
経済学ではよくあることで、こうなると弱肉強食の淘汰が起こります。
事実、ジーコムが破綻した各社を吸収し巨大化しています。
今後もちょくちょく起こりそうです。

ところで、日本人は英語が出来るのに度胸が無いのでつまづく事が多いようです。
英語の苦手な私でも、ebayや米国証券会社とやり取りを出来ますから、中高6年勉強していれば誰でも意志疎通できます。
点数は取れませんが、話せるかどうかは度胸の問題です。

|

« そろそろ利上げの時期 | トップページ | 日本が誇るもの② - オタク文化編 »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/48148868

この記事へのトラックバック一覧です: ジオスの破綻:

« そろそろ利上げの時期 | トップページ | 日本が誇るもの② - オタク文化編 »