« 案外適当な仕事 | トップページ | JALの再生も遅れるのかな »

日本が誇るもの③ - 食文化編:世界の食品市場

シリーズ3回目、今シリーズで最も主張したい部分です。
地味ながらあまり知られていない分野。

理経済:日本が誇るもの① - 環境技術編
理経済:日本が誇るもの② - オタク文化編

さて、この食品ですが実に地味な産業です。
関係者がいらっしゃったら申し訳ありませんが、少なくとも日経新聞の一面に載ることもないし、ブロガーにガリガリ書かれる事はありません。
精々中国ギョーザ不二家など、不祥事が起きた時ぐらいです。

しかしこの業界、実に優れた業界でまさに縁の下の力持ちな産業です。
当ブログでも何度かご紹介しましたが、万年景気がよく、世界に根を張れている企業は、エコカー企業の好決算の裏側で、それ以上の決算をたたき出しています

理経済:景気の良い商売

市場規模もかなり大きく、生産額は20兆円を越えます
国内の自動車の市場規模は、販売台数が年600万台で新車販売額の平均が210万円ほどなので、13兆円くらいですかね。
結構凄いです。

食品市場の動向

JTBF:日本食品産業の特徴と最近の動向
ガリバー自動車研究所:2007年5~7月 国内自動車市場の動向 PDF

また、電気自動車の巨大市場が叫ばれる昨今ですが、2015年での世界市場規模は12兆円だそうです。
実は結構小さいです。

富士経済:世界電動自動車市場を調査

普通の市場と比べれば確かに巨大マーケットなのですが、世界の貧困層が持つ食品市場の規模は、現段階で約300兆円ですから、桁違いです。
これに富裕層の食費も加わる訳ですから、倍位の規模はあるかもしれません。

BOP食品支出

WRI:The Food Market PDF 原文

車に乗らない人はいても、食事をしない人なんていませんからね。
できない人はたくさんいるでしょうが。

理経済:資本主義と社会主義② - 嗜好品と貧困国

BOPの方々は、今後の伸びが期待できます。
やはり人間生活に密着したものは強いのです。

続く…
理経済:日本が誇るもの④ - 食文化編:日本の食文化

|

« 案外適当な仕事 | トップページ | JALの再生も遅れるのかな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/48208582

この記事へのトラックバック一覧です: 日本が誇るもの③ - 食文化編:世界の食品市場:

« 案外適当な仕事 | トップページ | JALの再生も遅れるのかな »