« 金融機関の健全性 | トップページ | 風が止んだか… »

需要を掘り起こせ!③ - 今欲しいもの

シリーズ最終回です。
今回は最近の若者であるなるが欲しいものについてです。

理経済:需要を掘り起こせ!① - 日本の携帯電話事情
理経済:需要を掘り起こせ!② - デフレの元凶

人の欲望は尽きないもので、私は色々と欲しいものが有ります。
うちのゲーム機は相変わらずPS2なので、もうちょっと良い本体が欲しいとか、テレビが地デジ化されていないので、チューナーか対応したテレビが欲しいとか、色々有ります。

まあこの辺は、如何にお金を集めるかとか、支払いを抑えるかの問題なので脇に置いておくとして、「買いたいけどサービスがない」ものについて考えます。

例えば「野菜」です。
一人暮らしをした事がある方なら経験があると思いますが、一人だとあまり料理をしません
おなかが減ったら外に行くか、買ってきたものを食べたりします。
勿論そうでない人もいましたが、どちらかというと少数派でした。

Garbagenews.com:一人暮らしの食生活に不足しているものは「自炊」と「野菜」

理由はちゃんとあります。
まずは面倒であることです。
これは趣味趣向の問題ですし、休日を利用すれば何とかなります。

次に、一人分だけ作ると以外にお金がかかると言う事。
キャベツとかまるまる1個買ってしまうと、食べきる前に腐ってしまいますし、~の素みたいなのを買って食べると高くつきます。

最近コンビニなどで、野菜が4分の1だけ売っているのは、こういう需要を見出した結果です。
もやしが売れるのは単に安いだけではなく、ちょうど一食分位に分けてあるからというのもあります。
昔はよく御世話になりました。

最後はゴミの処理です。
ゴミの量は共同生活する人間の数で増減します。
一人暮らしだとそれほど多くのゴミが出ないため、40ℓの袋を使い切るのに数日かかります。

生ゴミは放置すると臭ってきますから、10ℓ袋を買ってくるとか、ベランダで堆肥を作るとか工夫をしないと、直に悪臭がたちこめます。
ゴキブリも寄ってきます。

とまあこんな理由で自炊しなかったりします。
単なる言い訳ですが、この辺を見ただけでもまだまだ不便は有りそうです。

話を戻します。
そんなこんなで自炊をしないで外食ばかりしていると、やたらと揚げ物ばかり食べるようになります。
当然栄養も偏ります。

お店の弁当やおかずに揚げ物が多いのは、店員側が楽だからです。
元々出来上がっているものを揚げるので、時間さえ間違えなければ誰でも一定の品質で作れます。
バイトの時はよくやりました。

偏食を止めたくて野菜類を探したりはするのですが、野菜炒め等は惣菜屋位にしか売っていません。
100g180円程度とお高めで、自分で作ったのと大差ありません。

サラダも売っていますがこれも割高ですし、生野菜だけでも飽きます。
たまには肉じゃがとか食べたくなる訳です。
しかし、これまた居酒屋くらいにしかなく、しかも高めです。
安くて手軽に食べられる所はないか探しています。

我侭に聞えるでしょうが、資本主義とは要するに我侭を埋めあう主義ですから、こういう「あったらいいな」を叶える事で利益が生まれます。

牛丼屋もこういう"副業"をやってみたらどうでしょうか
元々醤油ベースの煮込み料理である事には変わりませんし、人件費が気になるなら業務用のパックで販売する方法も有ります。

パック販売なら通販も出来ますし、海外への販売も出来るでしょう。
在庫が積み上がるリスクは有りますが、牛丼だって売れなければ残りますから、同じようなものです。

現在、通販で売られている肉じゃがは離乳食か糖尿病患者向けのものばかりです。
こういった所に市場はまだまだ眠っている訳です。
日本の消費が停滞しているように思われがちですが、案外掘ってみると色々出てきそうです。

|

« 金融機関の健全性 | トップページ | 風が止んだか… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/48062643

この記事へのトラックバック一覧です: 需要を掘り起こせ!③ - 今欲しいもの:

« 金融機関の健全性 | トップページ | 風が止んだか… »