« やっぱり日経新聞電子版が使いにくい… | トップページ | 沖縄の不幸② - 人形は人形でこそ価値がある »

公的資金騒動も終盤

米政府がシティ株の売却を公表しました。
2年前に公的資金で揺れた米国ですが、この件については終盤戦のようです。

米財務省は29日、保有するすべてのシティグループ(C.N: 株価, 企業情報, レポート)普通株77億株について、事前に文書で取り決めた取引計画に基づき、年末にかけて売却する方針を明らかにした。
>>米財務省がシティ普通株を年内売却へ

日経新聞によるとAIG以外は公的資金完済だとか。
そういえば、返済の遅れていたバンカメも去年完済していましたね。
すっかり忘れていました。

取りあえず金融危機の区切りはついたという事でしょうか。
当初の予想通り、実体経済に手痛いダメージを与えた為、公的資金を完済しても問題は山積していますが、一息つけそうです。

米政府はこのお金で国債発行を抑えてくれればいいのですが、まあ無理でしょう。
このお金が新たな景気刺激策に向かうでしょうから、日本の二の舞は避けられそうに無いですね。

|

« やっぱり日経新聞電子版が使いにくい… | トップページ | 沖縄の不幸② - 人形は人形でこそ価値がある »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/47946947

この記事へのトラックバック一覧です: 公的資金騒動も終盤:

« やっぱり日経新聞電子版が使いにくい… | トップページ | 沖縄の不幸② - 人形は人形でこそ価値がある »