« 水戸ケットは成功の模様 | トップページ | みんなの党の人気 »

セパレート型携帯が完成

2年位前、世界経営者会議でドコモの山田隆持社長が、「二つに分かれる携帯電話を作っています」と言っていましたが、ついに実現したようです。

理経済:最近のドコモは頑張っているな~

富士通は25日、NTTドコモから26日に発売される「F-04B」の発表会を開催した。ディスプレイ部分とキーボード部分を切り離すことができ、世界初の「セパレート型」の携帯電話としている。

富士通のセパレート携帯

>>富士通が世界初「セパレート携帯」ディスプレイとキーボードに分離

山田社長の面白いプレゼンもあって、非常に魅力的に見えました。
電話をしながらスケジュールや連絡帳を見られないとの苦情が多かったそうで、それに応えたかったそうです。

見た目に反して技術的には結構難しいらしく、電池は2個積むのか、上下の同期をどう取るのか、記憶媒体はどう共有するのかなど問題が多かったそうです。

当時、私の携帯はかなり型落ちしており、もし発売したなら是非買い換えたいと思っていました。
現在はiPhoneに乗り換えてしまった為、買い替えはないですが、興味は有ります。

スマートフォンもいいのですが、このタイプも面白そうです。
要注目です。

それにしても、あと1年早かったら買ったんですけど、タイミングが悪いですね。

|

« 水戸ケットは成功の模様 | トップページ | みんなの党の人気 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/47910822

この記事へのトラックバック一覧です: セパレート型携帯が完成:

« 水戸ケットは成功の模様 | トップページ | みんなの党の人気 »