« マスコミの世代交代① - テレビと新聞 | トップページ | ブログもツイート出来るツールがあるそうな »

第一三共のジェネリック事業参入

インドランバクシーを買収した第一三共が、ジェネリック薬製造に参入するそうです。

第一三共は26日、4月1日に新会社「第一三共エスファ」を設立すると発表した。今後、需要増が見込める日本のジェネリック(後発医薬品)市場へ参入するため
>>第一三共、日本のジェネリック市場参入:印ランバクシーの経験活用

元々ランバクシーはジェネリックで有名でしたから、買収した段階でこうなる事は予想されていました。
しかしランバクシーの赤字があったりして延びていたようです。

日本も高齢化で医療費の増大は確実ですから、薬価をケチるためにジェネリックの需要は増すでしょう。
今までは沢井製薬の牙城でしたが、競争の激化、大型企業の参入は避けられません。
規模の差は重要になりそうです。

ところで、ジェネリックにも色々あるそうで、成分は同じでも配分が微妙に異なることもあるそうで、賞味期限や効果持続時間が違うとか色々あるそうです。
ジェネリックが一般的になれば、今度はその性能に移るでしょう。
そうなると「ジェネリック+α」の特許みたいなのが出来るかもしれませんね。

|

« マスコミの世代交代① - テレビと新聞 | トップページ | ブログもツイート出来るツールがあるそうな »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/47709686

この記事へのトラックバック一覧です: 第一三共のジェネリック事業参入:

« マスコミの世代交代① - テレビと新聞 | トップページ | ブログもツイート出来るツールがあるそうな »