« 学ぶということ① - 飲み放題を止めてみた | トップページ | 弁護士も大変そう - 電車の広告を見て »

スペインの国債削減

現在火の手が上がっている欧州ですが、スペインが国債費を削減表明しています。
スペインは欧州の火種4ヵ国、PIGSの一角です。

スペイン政府は8日、2010年の国債発行額を、09年比34%減の768億ユーロ(約9兆3000億円)に圧縮すると発表した。同国政府は今後3年間で歳出を500億ユーロ削減する計画を打ち出したばかり。
>>スペイン、国債発行34%削減へ 信用不安の波及を懸念

景気が悪い最中に、これは中々の決断です。
少なくとも教科書的には最悪の選択でしょう。
でも長い目で見るとそれくらいの方がいいと思います。

いわく、財政の健全性をアピールしたいそうです。
しかし市場が浮ついている以上、そんなに効果が無い上に、経済学にどっぷりつかった投資家には不思議で仕方ないでしょう。
事実、ここ数年はかなり厳しいことになると思います。

でも財政再建を達成した人たちは、財政削減と赤字解消、そして資本の呼びこみを行っています。
今までの生活を維持する為にドーピングしたって、体のガタを早めるだけです。

もし張り切って国債なんて刷ったら、アメリカや日本のように債券が山積みになるだけです。
ECBもそうですが、取捨選択と質素倹約、そして他を受け入れる寛大さが、結果として経済回復する鍵なのだと思います。

|

« 学ぶということ① - 飲み放題を止めてみた | トップページ | 弁護士も大変そう - 電車の広告を見て »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/47527084

この記事へのトラックバック一覧です: スペインの国債削減:

« 学ぶということ① - 飲み放題を止めてみた | トップページ | 弁護士も大変そう - 電車の広告を見て »