« 長期投資も大変なのです | トップページ | 弁護士も大変そう③ - 少子高齢化と法曹 »

米国が原発を後押し

環境問題に熱心なオバマ大統領が、原発建設を後押ししています。

オバマ米大統領は16日、メリーランド州での演説で、ジョージア州の原子力発電所に原子炉を新設する計画に、政府が83億ドル(約7500億円)の債務保証をすると発表した。
>>米大統領、原発建設への債務保証を発表 ジョージアに2基

核廃棄物が二酸化炭素よりクリーンなのかはかなり疑わしいですが、踏み出してしまったものは仕方ありません。

ゴルゴ13で、原発需要が上がった場合バナジウムの需要が拡大するという話が有りました。
バナジウムは原子炉を作るのに非常に大切な素材です。
そして、日本のお家芸である高度な製鉄にも重要です。

世界のバナジウム需要の90 %以上が鉄鋼・特殊鋼分野の需要であり、日本も同様となっている。残りは、触媒や顔料向け等に消費される。
>>バナジウムの需要・供給・価格動向等 PDF

Wikipedia:バナジウム
技術屋稼業@サラリーマン:ホヤとバナジウムの意外な関係

このバナジウム、つい最近まで価格が高騰していました。
データがないので分かりませんが、おそらくここ1,2年は不況を受けて価格が下がっていたのでしょう。
しかし、ここに来てまた大幅高になるかもしれませんね。

フェロバナジウム価格推移

JOGMEC:資源備蓄セグメント・サービスの質の向上 PDF

日立や三重等の原子炉会社は儲かりますが、(特に日本の)鉄鋼業界には逆風かもしれませんね。

|

« 長期投資も大変なのです | トップページ | 弁護士も大変そう③ - 少子高齢化と法曹 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/47597213

この記事へのトラックバック一覧です: 米国が原発を後押し:

« 長期投資も大変なのです | トップページ | 弁護士も大変そう③ - 少子高齢化と法曹 »