« 中傷と情報を見極める | トップページ | 事実は小説より奇なり - アルビン・トフラー »

アローヘッドは何のための投資だったんだorz

日本でも有名な生保会社、第一生命株式会社化し上場するそうです。
うちにも第一生命の人が勧誘に来ますが、この株式会社化は内部の人にとっても重大ニュースだそうです。

社員もいくらか買わされているとか(保険分が変換される人も多そうです)
上場にあたり結構内部事情の変更も多いらしく、以前は三半期報告だったそうですが、今は四半期にしたそうです

彼らの株式会社化はおおいに結構です。
株式公開により多数の投資家の目と会計の透明性が高くなります
より健全な経営が期待できるでしょう。

気になるのは第一生命ではなく東証の方。
上場初日は初値を決めて取引終了だそうです。

東証は上場初日は、売りと買いの注文を1度だけ付き合わせて、初値を決め、取引を終える方針だ。株式会社化に伴って、株取引の経験の乏しい多数の契約者が株主になり、大量の売り注文が出される可能性があるためで、システムダウンを避けると同時に、投資家保護を目的に、異例の対応を取る。
>>東証、第一生命の上場を承認 NTT以来の超大型案件

え~、なんだそりゃ。
先日アローヘッドを開始してシステム強化したって豪語してたのに、弱腰すぎるでしょ。
一体何のための投資だったんだorz

投資家保護が目的だそうですが、そもそも東証には特別気配値とかストップ高安とか色々保護してるでしょう。
ちょっと過保護すぎやしませんかね。
これじゃヘッジファンドなんて呼べないのでは?

理経済:米国もキャピタルフライトに遭うかも① - 証券取引所の魅力

第一生命やミレアなど、殿様商売だった生保会社が市場で頑張る最中、相変わらず東証は殻に篭っていては仕様がないと思うんですがどうでしょうか?
彼ら自身の上場はいつになる事やら。

Garbagenews.com:東証自身の上場、再び延期・2010年以降に

|

« 中傷と情報を見極める | トップページ | 事実は小説より奇なり - アルビン・トフラー »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/47639735

この記事へのトラックバック一覧です: アローヘッドは何のための投資だったんだorz:

« 中傷と情報を見極める | トップページ | 事実は小説より奇なり - アルビン・トフラー »