« 東証がシステムの高速化をするそうです | トップページ | 行列オプションを考える② - 経験則からの予想価格推移 »

日航とGMが似てきた…

日航が追加融資枠を貰ったようです。
なんだかGMと似てきましたね。

日本航空の経営再建を巡り、菅直人副総理・国家戦略相、前原誠司国土交通相らが3日に協議し、日本政策投資銀行の融資枠を現在の1000億円から2000億円に拡大することを決めた
>>日航への融資枠、2000億円に拡大 国交相「資金面で問題なし」

(ノ∀`) アチャー
本当に拡大しちゃったよ。
GMの時もそうでしたが、本当にガタガタしている会社には、お金を入れてもザルに水を入れるようなものなんですがね。

GMの時は度々当座の資金を注入し、最後は公聴会まで開いてあれこれ諭しましたが、結局最後は破綻してしまいました。
幸い全壊はしていないので、投下した税金が完全にお釈迦になった訳ではありませんが、どうなるかは不透明です。
まだ資金投下も必要そうですし、解体もドンドン進んでいます

なんだか日航も同じような顛末になりそうです。
追加資金もずるずる増えて、最後には再国有化。
それでも足らずに資金が出され、ドンドン縮小解体され、それの受け皿になった全日空スカイマークが困惑する、という構図が目に浮かびます。

いい加減、手を引いた方が良いんじゃないでしょうかね。
必要以上に介入しても、いい結果は出ないと思います。

|

« 東証がシステムの高速化をするそうです | トップページ | 行列オプションを考える② - 経験則からの予想価格推移 »

企業」カテゴリの記事

コメント

だんだん旧住専を思い出してきました。

投稿: にのみや | 2010年1月 4日 (月) 02時22分

この件はこのままずるずるとやっててもきりがないですよね。

全然関係なくて恐縮ですが以下のページからリンクさせてもらいました。
http://secwords.com/links

投稿: 証券用語辞典 | 2010年1月 4日 (月) 09時41分

にのみやさん
コメントありがとうございます。

>旧住専
羽陽曲折は違いますが、ザルに水を入れるという意味ではかなり似ていると思います。
何時の時代も予想外の資産増減によって、
負債が重く圧し掛かるという構図は変わらないのですね。

投稿: なる | 2010年1月 4日 (月) 23時29分

証券用語辞典さん
コメントとリンク、ありがとうございます。

投資をやっていると、今回のようにグダグダしたくなる時がよく有ります。
スパッと止めるのは、口で言うよりずっと難しいですからね。

しかしやるときはやる時はやらないと傷が広がるだけなんですけどね。
どうなることやら。

投稿: なる | 2010年1月 4日 (月) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/47197196

この記事へのトラックバック一覧です: 日航とGMが似てきた…:

« 東証がシステムの高速化をするそうです | トップページ | 行列オプションを考える② - 経験則からの予想価格推移 »