« なんかGEが紹介されてる… | トップページ | 日本の民主党も危機的支持率 »

流行りと廃り① - Twitterの将来

変わらないもの探していた~note
う~ん、名曲ですな。
正直映画は好きではありませんでしたが、この曲は名曲です。

なるはゲド戦記が面白いと思うような人間なので、私の感想なんてあてになりませんが。
それにしても、漫画版とはえらい違いでしたね。
アレンジされ過ぎててとても同じ作品とは思えませんでした。

歌詞にも歌われるとおり、人間は変わらないものを探し続けているのかもしれません。
しかしそれは茨の道であり、そうそう簡単には出来ないのでしょうね。
今回は流行りと廃りから、私の投資感と企業の商品について考えて見ます。

本音を言うと、現在のTwitterや仮想世界のブームに少なからぬ疑問があるため筆を取りました。
先にお断りしますが、当ブログは3年を目安に書いている為、テレビや雑誌に逆行する事をよく書きます
まあ、生暖かい目で見てやってください。

理系済:所信演説

ここ最近色々なメディアでTwitterの名を目にします。
ネット新聞から始まり、週刊ダイヤモンド、ヤフオク、ブログ等等ネコも杓子もツイッターです。
首相や大統領まで乗り出してきて、大賑わいです。

Twitter社によると現在は営業赤字(正確には分かりません)だそうです

Twitter には収益を生み出す多くの可能性が秘められています。しかし現在のところは、我々はそれらの実装を保留しています。…(中略)…ビジネスモデルは研究段階に入っていますが、現在は利益よりも出費が多くなっています
>>Twitterの収益源

英語をそのまま日本語化している為か、なんか変な表現をしています。
赤字だそうで、ビジネスモデルは固まっていないようです。

しかし心配することは無いでしょう。
新聞やら証券会社やらネットオークションやらが情報を発信し、雑誌にも散々書かれていますから、企業広告やらなんやらですぐに黒字化するでしょう。

もっと言えば半年から1年半程度で黒字化するでしょう。
つなぎは銀行が貸してくれるでしょうから問題ありません。
そして黒字化から1,2四半期過ぎたあたりで上場に踏み切ると思います。
IPOも大成功、まさにバラ色人生ですね。

もし私がそんなバラ色企業のCFOなら、社長にある提案をし何れかを決めてもらうでしょう。
その提案は以下の3つです。

  1. 現在の事業を維持する。
  2. 持ち株をIPO直後に売却し、隠居するなり次の事業に費やすなりしてもらう。
  3. 現在の事業から脱皮する

事業に疲れているなら2、事業拡大したいなら3をお勧めします。
最もやってはいけないのは1です。
現在のTwitterを維持し続ける事が最も駄目です

さて何故でしょう?
見るからにイケイケなツールで、バラ色の未来が約束されているのに…

続く…
理経済:流行りと廃り② - mixiの場合
理経済:流行りと廃り③ - 変わらないもの
理経済:流行りと廃り④ - コミュニケーションを売る

|

« なんかGEが紹介されてる… | トップページ | 日本の民主党も危機的支持率 »

企業」カテゴリの記事

コメント

私もブログ配信しています
1回来てみてね

投稿: 動画侍 | 2010年1月27日 (水) 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/47399088

この記事へのトラックバック一覧です: 流行りと廃り① - Twitterの将来:

« なんかGEが紹介されてる… | トップページ | 日本の民主党も危機的支持率 »