« 中国の先物指数市場で思うこと | トップページ | 折角なので直接民主主義化したら? »

最近ゴールドマンのニュースを見ない

最近、金融機関の事を伝える記事が少なくなっているように感じます。
数ヶ月前はやれどこの銀行が潰れたとか、どこの証券会社がアンダーウェイトになったとかで紙面(紙は見ていませんが)を賑わせていたのですが、ここ数週間はめっきりです。

数日に1回チラホラと情報が舞い込んでくる程度で、一時期ほどではありません。
それだけ世の関心事が別の所に移ったということなのでしょう。

しかし、相変わらず米地銀はチョコチョコ潰れていますし、ゴールドマンと政治、金融の蜜月と黒い噂は絶えません。
にも拘らずニュースが少ないとは、可笑しいと言えば可笑しいです。

googleニュース:ゴールドマンサックス

だからといって、金融機関や政府が露骨な圧力で自体を隠蔽しているとか、そんなことは言いません。
フラッシュトレードの話題が立ち消えした事を考えると、少なからず圧力はかけているのかもしれませんが…

本当はもっとずずずいっと突っ込むべきですし、もっと色々調べないといけないことが有りそうなのですが、世間からはもう忘れられているようです。
TARPの詳細開示の話や、ゴールドマンの商業銀行化の話も、何所に行ったのやら。
看板だけ付け替えてもしょうがないんですけどね。

新聞ももうちょっと古い話題とか未解決な話題とかに触れても良いのではないでしょうか?
世田谷事件には触れるのに、冷凍餃子問題に触れないのは可笑しいと思います。

電車の中吊りによると、朝日新聞は古い事件も追跡しているそうですが、あまりそういうそぶりは聞きません。

まあ、読者の方が移り気なので、現実的に難しいのはよく分かるのですが、せめて一面分とかネット分位は情報を廻しても良いんじゃないですかね?
でないと「ゴールドマンから圧力があったのでは?」とか、あまり意味のない勘繰りをされちゃいますよ?

|

« 中国の先物指数市場で思うこと | トップページ | 折角なので直接民主主義化したら? »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/47132680

この記事へのトラックバック一覧です: 最近ゴールドマンのニュースを見ない:

« 中国の先物指数市場で思うこと | トップページ | 折角なので直接民主主義化したら? »