« 携帯電話のクラウド化② - 発熱を抑える | トップページ | 携帯電話のクラウド化③ - 欠点を理解する »

ノキアが格下げ

携帯電話首位のノキアが、格付け機関フィッチから格下げを食らいました。

格付け会社フィッチ・レーティングスは21日、携帯電話メーカー最大手、フィンランドのノキアの長期債務格付けを「A-」と、従来の「A」から1段階引き下げた。見通しはステーブル(安定的)としている。
>>ノキア「A-」に格下げ、高性能機種の競争激化で-フィッチ

ノキアは、教育大国フィンランドが誇る、世界的企業です。
人口がたった500万人しかいないフィンランド市場を見限り、世界で戦う事を決断しました。
元々は製紙会社でしたが、集中と選択を進め、結果として世界一の携帯端末の会社になった訳です。

Nokia Watch:1分でわかるノキアの歴史 by 水まる氏

昨年度の販売台数は4億6840万台と、日本一のシャープ(992万台)を遥かに凌ぐ水準です。
しかし、LGサムスンなどの新興メーカーの台頭、携帯電話の飽和感、更にiPhoneやブラックベリーのようなスマートフォンと言う火種を抱えてしまい、最近は落ち目気味です。

特にサムスン、LGの韓国勢の台頭はとても見過ごせません。
彼ら2社だけで大よそ3億台を製造しており、サムスンにいたってはノキアの4割にまで販売台数を伸ばしています

iPhoneも懸念材料ですが、まだ1400万台と少な目です。
これからの市場ということですね。

上手いこと次のビジネスモデルを作っていかないと、その地位を維持できなくなりそうです。
良い会社なので、是非とも頑張ってもらいたいのですが。

|

« 携帯電話のクラウド化② - 発熱を抑える | トップページ | 携帯電話のクラウド化③ - 欠点を理解する »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/47080985

この記事へのトラックバック一覧です: ノキアが格下げ:

« 携帯電話のクラウド化② - 発熱を抑える | トップページ | 携帯電話のクラウド化③ - 欠点を理解する »