« 携帯電話のクラウド化 おまけ - 今後の経営戦略について | トップページ | 中国の先物指数市場で思うこと »

また借金に頼るのか…

民主党が政権与党となって初めての予算が出ました。
相変わらず借金に頼るんですね。

ただ財源を賄うため、新規国債は09年度当初予算より約11兆円多い44兆3030億円を発行。10年度末の国・地方の借金残高は862兆円に達する見込みで、借金頼みの財政の構図が一段と鮮明になった。
>>10年度予算案を閣議決定 一般会計92兆円、新規国債44兆円

借金を積みました仮初めの"景気対策"なんて、全く意味がないのですが、何時になったら気付くのやら。

今日は中古マンション価格も公表されましたが、こちらも下落しています。

日経ネット:11月の中古マンション価格、7.3%下落 14カ月連続マイナス

普通に考えれば景気の悪化から来るものと解釈できるのでしょうが、過去の事例を見ていると、案外借金が増えているからなのかもしれません。

景気悪化→国債で景気刺激→国民が不景気と感じて貯金→国債乱発、必要なことが出来ない→景気悪化というサイクルなのかもしれませんね。
先日の仕分けで、科学費の削減にノーベル賞学者達が騒いでいましたが、借金を積みました結果必要な時に必要な所に資金が廻せないのです。

スパコンを作る意味は無いと思いますが、その予算で「10億つけるから、日本で研究してくれ!」とか言ったほうが、下手な人材獲得政策より効果が有ると思うんですがね。
米国の理系研究者の年収は9000$とか言ってましたし、日本のポスドクとかバイトしながら研究している訳ですし。

創作童話 博士が100人いる村
Archives:バイオポスドクの問題

院に進んだ私の同級生も、修士でさえかなり大変なようです。
下手な景気対策より摂生のほうが大事だと思います。

|

« 携帯電話のクラウド化 おまけ - 今後の経営戦略について | トップページ | 中国の先物指数市場で思うこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/47115508

この記事へのトラックバック一覧です: また借金に頼るのか…:

« 携帯電話のクラウド化 おまけ - 今後の経営戦略について | トップページ | 中国の先物指数市場で思うこと »