« 愚痴を言っても手は動かす | トップページ | 金の匂いはバブルの匂い »

韓国の経済事情① - 韓国の大企業

先日韓国に旅行に行ったのですが、その時色々なものを見てきました。
私の場合、性格上経済がらみのものを多く見てきたのですが、他の話で盛り上がってしまい、肝心なことを書けずじまいでした。
というわけで、其処だけまとめてスピンオフ(分離、独立)してみました。

理経済:韓国放浪記① - 仁川国際空港

まず結論から先に言ってしまうと、韓国は「1960年代の日本」のようでした。
一方にはサムスンLG電子のように世界に羽ばたく大企業と、そこで働く正社員達がおり、もう一方では屋台や物乞いしてるんじゃないかと思われる人も多く見かけました。
小規模でも店を持っている人はまだマシなくらいです。
繁栄と貧困が入り混じり、明らかな貧富の差が見られました。
今回は"富"の方を見ていきます。

さて、町をうろうろしていて気付いたのは、スーパー(GMS)を見かけませんでした。
免税店は有るようですが、デパートのようなものも見当たりませんでした。
一方でコンビ二はたくさん有ります。
多かったのはセブンとファミマ、そしてGS25(後述)です。

Img_0432

他は肉屋とか魚屋などの小規模な専門店(?)です。
飲食店は有りますが、屋台も負けじと多いです。
人口が薄く広く分布しているんですかね?
キムチ等の材料を大量に購入して地下鉄に乗っている人を多数見ました。
東京よりも人口密度が高いのにこれだけ違いがあったのは意外です。

日本も50年初頭から60年初頭にかけて所謂「スーパー」という業態が広がり始めました。
ダイエーが台頭し始めたのもこの頃です。

また、韓国内の企業には財閥系産業がガッツリ根付いており、様々な分野で顔を出しています。
例えばLG電子といえば日本ではPCパーツや携帯電話で有名で、まさに電子メーカーという感じですが、韓国内ではコンビニ(前述のGS25)、不動産、家電製品にまで手を伸ばしています。

Img_0425

Img_0436

何でも、元々は電子機器のメーカーだったのですが、経営一族の兄弟が様々な分野に散っていったそうです。
話によると、携帯端末だけでなく携帯サービス会社、LGテレコムを経営しているそうです。
先日写真を掲載した"Show"を展開するSKテレコムと張り合っているそうです。
まるで鐘淵紡績(カネボウ)のようです。

Wikipedia:LGグループ

逆に韓国内で存在感が無かったのはサムスンです。
勿論知名度は抜群なのですが、製品はあまり見ませんでした。
携帯もLGが多かったです。
回っているなかで、唯一見かけたサムスン製品はこちらのファンだけです。
あと空港で見かけた液晶テレビくらいですかね。

Img_0435

サムスンの場合、さっさと海外に出て行ってしまったため、国内ではあまり活動していないそうです。
しかも、韓国という国のブランドが低い為、欧米各国ではサムスン=日本の会社と思われているそうです。

外国株ひろば:「とうちゃん、冷静になりなよ。みっともなくて恥ずかしいじゃないか!」

韓国人達はその事を少々苦々しく思っている様です。
欧米人の認識が覆った時は、日本にとって相当都合が悪い事になりそうです。

このように、韓国の大企業は世界へと躍進しており、そこで働く人たちはスタバやお店で外食していたりします。
物価を考慮すると、日本の中流層より豊かもしれません。
激安自販機が有る一方で、高めの喫茶店も多くあったのは、中間がいないからなのかもしれません。

さて、金が有る人はそこそこいい生活が出来るからほっといてもいいのですが、問題は貧者の生活です。

続く…
理経済:韓国の経済事情② - 韓国の庶民と活力の源泉

|

« 愚痴を言っても手は動かす | トップページ | 金の匂いはバブルの匂い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/46913929

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の経済事情① - 韓国の大企業:

« 愚痴を言っても手は動かす | トップページ | 金の匂いはバブルの匂い »