« 韓国の経済事情① - 韓国の大企業 | トップページ | 韓国の経済事情② - 韓国の庶民と活力の源泉 »

金の匂いはバブルの匂い

ドルキャリートレードやらドバイショックやらで揉めている間に、金が件の1200ドルを突破してしまいました
随分前にも言いましたが、金の価格は結構バブッている感じがします。

理経済:金の価格が心配

そして金価格に対して、中国人民銀行の副総裁がいちゃもんをつけています。
今は中国の影響力が強いのに、こんなこと言っちゃって大丈夫なんですかね?

中国人民銀行の胡暁煉・副総裁は2日、金価格が過去最高値を更新する中、金価格は高水準にあり、市場は資産バブルが形成されている可能性を注意すべきだと述べた。
>>金価格は高水準、市場は資産バブルを警戒すべき

現在中国は、外貨準備高の一部を金へと変換しています。
現在の金価格もそういった思惑が結構入っているようですから、そういう人たちにとっては"予想外"の発言でしょう。
他の思惑買いもあるのでしょうが、金価格も暫く上昇の後、沈静化に向かうと思います。

ロイター通信:中国の金準備は1054トン、03年から増加

それにしても市場とは不思議なもので、金価格は株価の動きとそっくりな動きをしています。
ダウの株価に数ヶ月遅れて金価格がついてきているようです。

金価格の推移

ダウの推移

フジフューチャーズ:商品先物取引
Yahoo! Finance:Dow Jones Industrial Average

当時冗談交じりで述べた「金も1200$位までいく事になります」も本当に達してしまいました。
と、するとこの後に待ち受けるのは大幅な下落と回復ですかね?

|

« 韓国の経済事情① - 韓国の大企業 | トップページ | 韓国の経済事情② - 韓国の庶民と活力の源泉 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/46922104

この記事へのトラックバック一覧です: 金の匂いはバブルの匂い:

« 韓国の経済事情① - 韓国の大企業 | トップページ | 韓国の経済事情② - 韓国の庶民と活力の源泉 »