« 世界経営者会議2009に参加する学生の為に④ | トップページ | 縦と横② - コモディティ化 »

最近問題が多いタタ自動車

20万円自動車「ナノ」で有名なタタ自動車がまた問題を起こしているようです。

世界最安車として7月に納車が始まったインドタタ自動車の超低価格車「ナノ」で、発火事故が起きていることが分かった。死傷者は出ていないが、運転席付近から火が噴く事故が20日までに印国内で3件発生。21日に事故を報じた現地メディアは「全車共通の問題でなくリコール(回収・無償修理)はしない」という同社関係者のコメントを伝えた。
>>印タタ自動車の低価格車「ナノ」、発火事故相次ぐ

リコールしないとは強気ですね。
日本だったら問題になりそうですが、インドなら大丈夫と言うことでしょうか。
株価はこれの影響なのか、新株発行のためか、じり安です。

先日は勝手に(当たり前ですが)750M$の増資をしたため、1割強ほどの株主価値の希釈化が起こりました。
株主の私は当然煽りを受けました。
そろそろ距離を取った方が良いんですかね。
決算間近のこのタイミングでやると言うことは、それなりに期待してよいと見えますが。

確かに最近新興国市場は値を飛ばしており、新株を売り抜けるいいチャンスでは有ります。
株主にとっては都合が悪いですが、経営判断としては悪くないと思います。
それ故に怒りと嘆きの行き場が無くて、余計に落ち込みます。

世界の株価指数比較(年初~)

世界の株価指数比較(年初~):赤が上海、緑がインド、黄色がブラジル

また暫く待機ですかね。
株価がまだまだ強気だとかなり困るのですが、大きな損をしない為にも仕方ないですかね。

|

« 世界経営者会議2009に参加する学生の為に④ | トップページ | 縦と横② - コモディティ化 »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/46558209

この記事へのトラックバック一覧です: 最近問題が多いタタ自動車:

« 世界経営者会議2009に参加する学生の為に④ | トップページ | 縦と横② - コモディティ化 »