« 酷い失業率 - 地方の雇用 | トップページ | 咽元過ぎれば熱さを忘れる - 人間は学習しない動物 »

JALのやる気

JALも本気を出してきました。
今まで4%位しか入れていなかった外資を、随分入れてくるようです。

日本航空の西松遥社長は15日、同社の経営再建を議論する国土交通省の有識者会議に出席後、記者団に対し、2011年度までの3年間で約4万7000人のグループ社員のうち6800人を削減する計画を明らかにした。
>>日航、6800人削減 社長表明、提携先10月半ばに絞り込み

JALはGM同様、企業年金などに悩まされていましたが、全く柵のない外資の導入で、そういった行為は断行されそうです。

しかし、そもそも論として航空業界は常に問題だらけで、やれどこが破綻した、やれどこが救済合併されたと、ネガティブな話題が耐えません。
以前ユナイテッド航空の社長から話を聞きましたが、JALのような大企業病もどきは航空業界全体に蔓延しているそうです。

そのためか、投資王バフェットは常々航空業界を非難しています。
参入障壁が高い為か、あまり競争になりませんからね。
その割にサービス業なので川上に常に脅かされてますし。

JALが生まれ変わること、そして日本の空がもっと開放されることを望みます。

|

« 酷い失業率 - 地方の雇用 | トップページ | 咽元過ぎれば熱さを忘れる - 人間は学習しない動物 »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/46222887

この記事へのトラックバック一覧です: JALのやる気:

« 酷い失業率 - 地方の雇用 | トップページ | 咽元過ぎれば熱さを忘れる - 人間は学習しない動物 »