« 今年の講師一覧 - 世界経営者会議2009 | トップページ | カナダの国際比較② - カナダの魅力 »

「中国建国60周年記念シンポジウム」に行って来ました

本日、東京大手町で開催されました「中国建国60周年記念シンポジウム」に行って来ました。
昇り竜の中国が建国されて60年、改革開放政策から30年の節目の年なので、アジア関係を円滑にする為に開いたようです。
中国のお偉いさんも来る為、日本からも二階経産大臣や岡田幹事長まで来てました。

岡田幹事長
携帯のカメラなのでズームが無いです。

Photo

御手洗会長
やってた場所が日経ビルだったのですが、あそこって経団連会館とくっ付いてるんですね。

Photo_2

シンポンジウムの内容自体はそんなに珍しいことは言ってませんでした。
アジア内部での関係強化とか市場の開放による資本主義化など。
環境分野など短期+長期で、より持続的な分野に重点投資するそうです。

まあ、他でも聞いたようなことを再確認しただけです。
あまりに面白くなかったので途中で帰ってきてしまいました
収穫と言えば、中国市場での外資比率は現在8割になっていること、実は農村部での冷蔵庫普及率たった30%しかないと言うこと、カラーテレビはほぼ100%と言うことぐらいです。

今後は世界的な中国企業を作っていき、国有企業はドンドン政府比率を下げていくそうです。
今までは一般開放は出資者が不透明になる為、引け腰だったそうですが、市場開放の流れで次第に行っていくそうです。

う~ん、なんで政府関係者やそれに近い経営者の話は退屈な感じがするんですかね。
一般の経営者の話と違って、既に報道されていることの確認が多いんですよね。
迂闊なこと言えないからですかね。
期待してただけにちょっとガックリ。

ところで、今回自前のイヤホンがあってとっても役に立ちました。
通訳用の受信機をイヤホンで聞くのですが、最初からついているのは耳が痛くなります。
音漏れも凄く聞きにくいし。

なので、自前の使い慣れているものがあると便利です。
外国人講師が来る場合は、持っていると良いです。

|

« 今年の講師一覧 - 世界経営者会議2009 | トップページ | カナダの国際比較② - カナダの魅力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/46103529

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国建国60周年記念シンポジウム」に行って来ました:

« 今年の講師一覧 - 世界経営者会議2009 | トップページ | カナダの国際比較② - カナダの魅力 »