« 「中国建国60周年記念シンポジウム」に行って来ました | トップページ | ペッパーランチで食中毒 »

カナダの国際比較② - カナダの魅力

前回、カナダへの資産シフトをしていると少しだけ書きました。
今回は肝心のカナダについてです。

理経済:カナダの国際比較① - 日本の借金の国際比較

さて、カナダと言う国ですが、実に地味な国です。
殆どのFX会社でペアが存在するのですが、デカデカとポータルページに値段が載る事は、あまりありません。
豪ドルやニュージーランドドルは載ってるのに…

G7の一角なんですが、南に米国がある為か、なぜか目立ちません
GDPは1兆3300億ドル(07年)で世界第9位、貿易黒字は451億ドル(06年)で世界第9位、投資も活発でカナダのトロント証取の、上場企業総時価総額は2.2兆ドル(07年)で世界第8位です。
上々銘柄数も約4000社と、日本の総上場企業数(3800社)を凌ぎます。

なんですが、私が知っているカナダの企業なんてアルキャン、マグナ、ボンバルディアの3社くらいです。

お恥ずかしい話ですが、私はわりと最近までカナダのことを殆ど知りませんでした。
真剣に興味を持ち出したのは、イラク戦争前後で、資源価格の高騰が一般の人にも意識されるようになってからです。

そんなカナダですが、実はG7唯一の財政黒字国(国の家計簿が黒字)です。
このため、年々借金が減少しています。
前回示した借金の対GDP比を見ても下がっていますし、特に純債務残高は世界の流れに逆行して、ドンドン減っています。

M2J:G7唯一の「双子の黒字」カナダの構造改革

純債務残高のGDP比

欠点としては、年金などの費用がかさんでいる可能性があるということ。
地味に世界第10位の長寿国ですからね。

借金-純債務残高

さすがに、この不況で財政赤字に転じるようですが、2013年には再び黒字に転じる見通しだそうです。
日本政府が言ってもオオカミ少年のように疑われますが、カナダ政府は確かな実績があるため、楽観視しています。

カナダ政府:予算収支見通し

人口も右肩上がりでホクホクです。
カナダは土地が有り余っている為、移民政策が非常に充実しています。
日本の25倍の国土(約1000万km^2 世界第2位)を持ちながら、人口はたったの3300万人しかいません。

[世] 人口の推移(カナダ)

世界経済のネタ帳:カナダ

このためカナダ政府は移民を大歓迎しており、独特な政策を取っています。

続く…

参考資料:今がわかる時代がわかる世界地図 2009年版

理経済:カナダの国際比較③ - 加ドルで貯金中

|

« 「中国建国60周年記念シンポジウム」に行って来ました | トップページ | ペッパーランチで食中毒 »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/46114369

この記事へのトラックバック一覧です: カナダの国際比較② - カナダの魅力:

« 「中国建国60周年記念シンポジウム」に行って来ました | トップページ | ペッパーランチで食中毒 »