« 金の動向 - 生産量と埋蔵量 | トップページ | 咽元過ぎれば熱さを忘れる③ - 死亡債の価格変動要因 »

金の動向② - 金とインドネシア

前回、金の生産量と埋蔵量の推移を見ました。
今回は採掘コストの方を見てみましょう。
かなり特徴的な値が出ています。

理経済:金の動向 - 生産量と埋蔵量

さて、採掘コストについてですが、これもグラフを見ると面白いことが分かります。

主要産金国の金生産コストの比較

JOGMEC:オーストラリアの金事情 2007(1)

上に行くほどコスト増、下に行くほど副次収入によるコスト減になります。
これ等の総額が1オンス(oz)あたりのトータルコストになります。

南アフリカは採掘コストが高く、オーストラリアは低いことから、資源の枯渇度合いが想像できます
また、製錬コストが南アは低いので、質が良い、或いは含有率が高いのでしょう。

しかし、そんなことを忘れてしまうくらいインドネシアが目を引きます。
上述の通り、下にいくほど副次収入が多いことになるわけですから、インドネシアは金を掘ったときに一緒に出てくる銅のおかげで、採算度外視で掘ることが出来るわけです。

インドネシア銅生産量世界第6位と、比較的高いです。
そもそもの銅の需要も、安価であることが追い風となり、上々です。
電線、鍋等の生活用品、電子機器などなど、生活に近い製品で今でもよく使われています。

そう考えると、資源国としてのインドネシアの台頭も期待されそうです。
最近では"チャインドネシア"なる構想が持ち上がっているそうです。
あそこは人口も多く、労働力も安いですからね。

世界四季報:チャインドネシア

そういえば鉄鋼最大手のアルセロール・ミタルのミタル・スチールも、インドネシアで創業してましたね。
そういう事象が起こり易い環境なんでしょうね。

なお、インドネシアの資源系企業としてはこんなのが有ります。

PT Bumi Resources Tbk
PT Antam

資源について:インドネシアの資源企業一覧

|

« 金の動向 - 生産量と埋蔵量 | トップページ | 咽元過ぎれば熱さを忘れる③ - 死亡債の価格変動要因 »

資源」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/46256839

この記事へのトラックバック一覧です: 金の動向② - 金とインドネシア:

« 金の動向 - 生産量と埋蔵量 | トップページ | 咽元過ぎれば熱さを忘れる③ - 死亡債の価格変動要因 »