« 痒い所に手が届く商品作りを - iPhone3GSを売るために② | トップページ | 痒い所に手が届く商品作りを - iPhone3GSを売るために③ »

中々面白い、森永卓郎 - 日銀総裁にするといいかも

本日、両国であった楽天証券主催の講演会に行ってきました。
題名にある森永卓郎以外にも、Mr.Yenこと榊原氏やファンドマネージャーで有名な澤上氏も来ていました。
大阪講演には竹中平蔵氏も来ていたそうなので、かなり残念です。

↓テレビでも有名な森永氏

森永卓郎

彼の本は特に読んでいないので、細かく彼がどんな主張をしているのかは分かりませんが、彼の講演は中々面白いです。
テレビに出ているのがプラスに働いているんですかね?

去年も同様の楽天講座が有り、そこで話を聞いて興味がわきました。
今回は彼の話が聞いてみたくて参加してきました。
ちなみに前回の目的は広瀬さんが目的。

彼の話によると、「エコノミストは役にたつのか」という記事でエコノミストランキングBBを獲得したそうです。
竹中氏と並んで最下位。
ちなみに榊原氏はAAAでトップだとか。

傍観者の独り言:エコノミストのいい加減さ?・・・郵政組は最低ランク

しかし私は、「揺り籠から墓場まで」的な彼の意見には、正直賛成できませんが、彼の講演術はかなりのものです。
テレビや新聞で読んだような話ではなく、あまり聞いたようなことがない話を混ぜるのが彼流です。
しかし、その方が聞いていて飽きません。
雰囲気は違いますが、内容としては信州松本の斎藤さんに似ています。

榊原氏は確かにまともっぽいエコノミストなのですが、画一的な事実認識が殆どで、勉強になりません。
大半のネタは本に書いてあることなので、ちょっと飽きてしまいます。

今回の榊原氏の話で勉強になったのは、"Wagyu"だけです。
現在Wagyuと言うのは最高級牛肉の総称であり、品質がよければオーストラリア産でもいいとか。
"Kobe beef"も同様です。

Espresso Diary@信州松本:悪化する雇用。進む高齢化。

さて話を戻しますが、彼の話で一番興味深かった話は政権交代の話です。
なんでも、彼は財務省に大量の知り合いがいるそうで、更に民主党内にも顔が利くそうです。
ですから民主政権になったら財務大臣にしてもらうそうです。
自民なら枡添さんが首相になるようだから、頼んで日銀総裁にしてもらうそうです。

まあ冗談はさておき、彼の言う政策は中々興味が有ります。
財務大臣なら政府紙幣の発行、日銀総裁なら金融緩和によりマネタリーベースを増加(≒お金の大量発行)させるそうです。
CPの買取なんて無意味だと言ってのけました。

また、彼のような人が日銀総裁になるのは、案外良いかもしれません。
確かに総裁は慎重に言葉を選ばねばなりません。
しかし今の日銀の場合は、それ以上にメッセージの発していく必要が有ります。

今の日銀は居ても居なくても変わらない、空気のような存在に成り下っています
FOMCが何時あるのかを気にする事は有りますが、金融政策決定会合が何時あるのかなんて全く知りません。
そしてそれが恥だとも、情報的不利益だとも思いません。

「どうせ何もしないんでしょ」的な雰囲気が漂っており、アナリストも全く予想をしません。
3年前に量的緩和が解除された時は、次の利上げは何時か常に話題になっていたのに。
通貨の番人と言いますが、今の彼らは紅美鈴みたい(私の本命)
今、最も強い先進国通貨である日本の中央銀行がこれでは、先が思いやられます。

まあ日銀批判はこの程度にして、強い発信力、営業力の必要な日銀総裁には、森永氏のような人がいいのかもしれません。
1回やってみると面白そうです。

日銀は元から空気ですから、人事に失敗しても大して影響はないでしょう。

|

« 痒い所に手が届く商品作りを - iPhone3GSを売るために② | トップページ | 痒い所に手が届く商品作りを - iPhone3GSを売るために③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/45616174

この記事へのトラックバック一覧です: 中々面白い、森永卓郎 - 日銀総裁にするといいかも:

« 痒い所に手が届く商品作りを - iPhone3GSを売るために② | トップページ | 痒い所に手が届く商品作りを - iPhone3GSを売るために③ »