« 平田由季さん、応援してます | トップページ | 本屋に行ったら »

米CIT問題と日本のノンバンク問題② - 総量規制とサラ金難民

前回からの続きです。
アメリカのCITの破綻による影響を話す前に、まずは日本のグレーゾーン金利撤廃による影響の事を書かせていただきます。

理経済:米CIT問題と日本のノンバンク問題 - 総量規制とサラ金難民

さて、まずはそもそもグレーゾーン金利とは何かと言う事ですが、これは「利息制限法に定める上限金利は超えるものの、出資法に定める上限金利には満たない金利のこと」です。
貸金業者はこれに拘束されます。

Wikipedia:グレーゾーン金利

今ひとつ分かり難いですが、かなり大雑把に言うと、「法律ではここまでの金利しか取ってはいけません(利息制限法)。しかし、"個人的に"貸すならもう少し上でもOK(出資法)」と言う部分です。
返す方も"善意で"多めに返済することになります(みなし弁済)

この為、今までサラ金業者はいろんな人に"個人的に"お金を貸していました。
これにより年30%近い金利での貸し出しが可能でした(完全な個人だと100%超も可能なようです)

ちなみに、クレジットカードも同じぐらいの高利貸しです。
昔、三和ファイナンスが1ヶ月利息無料と言う手法を使っていましたが、これはクレジットカードと同じ仕組みです。

グレーゾーン金利の解消が決まった後に、三菱UFJニコスが大量リストラを発表したのは記憶に新しいです(多くの人は記憶の彼方でしょうが)

47NEWS:従業員4割削減、赤字に  三菱UFJニコス

今まで、多くの銀行から借りられない中小企業は、彼らからお金を借りることで何とか事業を回していました。

しかし上限金利が下がることで、過払い金返還請求等で一時的には潤いますが、結果として審査が厳格化して借りられなくなりました。

金利は信用の裏返しです
金利が高いと言うことは、それだけ信用されていないと言うことです

例えば私が、

「何も言わずに100万円貸してくれ (人><。)

と言って、貸してくれますか?
普通は貸しませんよね。
つまり金利∞です(もし10億ぐらい集まるなら今の会社辞めて、友人やsu-Zさん誘ってヘッジファンド作りますww)
何に使うのか、収入はいくらなのか、銀行ならば根掘り葉掘り聞いてきます。

しかし今までサラ金は、「むじんくん」等のように、見た目のみで2,30万円の融資をしていたわけです(他でいくら借りているかはある程度分かります)
高い金利も致し方ないでしょう。

グレーゾーン金利が話題になった時、ある債務者が「銀行の金利が低いならそっちを借りていた」と憤慨していましたが、彼女はきっと今、誰からも借りられずに悩んでいるのでしょう。
銀行がホイホイ貸してくれるのなら苦労しません

上限の引き下げにより、サラ金でさえも根掘り葉掘り聞くようになってしまいました。
クレジットカードのポイント還元もめっきりです。

折しも、米国発のサブプライムローンが日本を直撃し(被害がないなんて大嘘)、消費者金融や地銀が多額の損金を計上する羽目になりました。

額こそ小さいですが、地銀は図体も小さいので致命傷になりかねません。
データが古いのですが、こちら↓のサイトに色々書かれています。

明治大学BreakOuts:No,23 <サブプライム>国内金融機関の損失、1兆8000億円超

決算書を見ても、08年9月(中間)は桁が一つ小さくなっていたり、いきなり巨額赤字になっている所も結構有ります。

とまあこんな感じで、消費者金融と、其処からお金を借りている中小企業を取巻く状況は酷いものです。

中小企業庁:中小企業景況調査

何所の指標を見ても▲のマーク(マイナスの意味)ばかりです。
経済学的に見れば、上限金利を下げてマネーサプライを絞っているわけですから、ある意味当然の結果です。

消費者に最も近いであろう貸し金業者を痛めつけることにより、末端の消費者を痛めつけることに繋がってしまったわけです。

かくして、グレーゾーン金利撤廃、基改正貸金業法は、金融商品取引法改正建築基準法と並んで、官製不況の3Kに含まれることになりましたとさ。
めでたくない…。

たぶん続く…

理経済:米CIT問題と日本のノンバンク問題③ - 総量規制とサラ金難民
理経済:米CIT問題と日本のノンバンク問題④ - 総量規制とサラ金難民

なお、CITは首の皮一枚で破綻を免れました。
取り合えず7月中の破綻は無さそうです。

追記:
やはり銀行よりサラ金の方が身近なようです。
遠くの親戚より近くの他人ということかな(ちょっと違うかな)

「ユニオン」と「労働ニュース」アーカイブ:消える夢のマイホーム…「もう限界」給料減で売却 大半が消費者金融へ…半年が限度【ZAKZAK】

ちなみにこのネタは第3回に繋がります。

|

« 平田由季さん、応援してます | トップページ | 本屋に行ったら »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/45677003

この記事へのトラックバック一覧です: 米CIT問題と日本のノンバンク問題② - 総量規制とサラ金難民:

« 平田由季さん、応援してます | トップページ | 本屋に行ったら »