« ブッシュ以上の庶民イジメ - 国債セールスマン オバマ | トップページ | ゴールドマンサックスらの情報格差問題 »

米CIT問題と日本のノンバンク問題④ - 総量規制とサラ金難民

さてさて、2回で終わらせるつもりだったのに、4回まで来てしまったサラ金問題です。
今回は現在水面下で騒がれている、日本の消費者金融総量規制問題です。

理経済:米CIT問題と日本のノンバンク問題 - 総量規制とサラ金難民
理経済:米CIT問題と日本のノンバンク問題② - 総量規制とサラ金難民
理経済:米CIT問題と日本のノンバンク問題③ - 総量規制とサラ金難民

さて、まずは軽くお浚いです。

日本ではグレーゾーン金利という高めの金利を、法律によって押さえ込みました。
これにより日本のサラ金業者は、今まで年30%取れた金利も、わずか20%までしか取れなくなってしまいました。

これにより、「消費者は便利になった!」と思いきや、実際には中小企業や収入の少ない個人が一層苦労する事になり官製不況と言われる程の不景気を招いてしまいました(↓は新たに見つけた関連記事)

BPnet:グレーゾーン金利廃止が招いた中小・零細企業の倒産

派遣の給料は翌月からの支払ですから、大変ですね。
彼らは多分借りられません。

さて、こんな感じで上限金利の引き下げられた事で、消費者はかえって痛い思いをする事となりました。
個々人が自己の利益を最大化しようとすることで、結局皆で共倒れと言うのは、決して珍しい話ではありません。
バブルはその典型です。

そんな状態なのに、政府は更なる規制をする事にしました
それが消費者金融の「総量規制」です。
ここで言う"総量"とは年収を指します。
これは、年収の3分の1までしか貸してはいけない」という規制です。

上限金利の引き下げで、多くの人が借りられなくなっているのに、この期に及んで規制とは…
全く経済について理解していないですね。

日経NET:消費者金融4社、5月の成約「10人に3人」

一部の人たちは、早い段階からこの総量規制について、懸念を示しています。

J-CAST:消費者金融借り入れは年収の3分の1 規制導入でヤミ金に走る人が増える?
借金の返済は大丈夫!!:多重債務 サラ金難民

総量規制といえば、昔から結構な劇薬です。
上手くいけば加熱を抑えられるのですが、あまりに効きすぎて患者が死んでしまうこともしばしば。

日本で最も有名な総量規制は、「土地関連融資の抑制について」です。
バブル崩壊の引き金を引き(正確には崩壊を強く助長した物と言えます)、その後日本は長い間沈没する事となり、地価の全国平均は未だに減少中です。

地価の推移(全国平均)

内閣府政策統括官:経済財政分析ディスカッション・ペーパー・シリーズ PDF
(下の方を見ると、リートの利回りなど、結構投資家好みな情報も有ります)

91年以来、日本の地価は一度もプラスに転じた事がないんですね。

そんな劇薬を、再び消費者金融に対して使おうとしています。
土地の時もそうですが、消費者に近い所ほど、本来は細心の注意を払うべきなのですが、どうもそういう配慮がないんですよね。

消費者に直結するような部分では、消費者も敏感に反応します。
消費者庁なんて作る前に、そういうところをまず正さないといけません。

どうしても借りたいと言う時に、誰も借りられないでは経済が滞ってしまいます。

以上、4回に及ぶ長編が終了しました。
う~ん、長い。

題名は米国の話題っぽいのに、主に日本の話となってしまいました。
題名で来た方には本当に申し訳ありません。

しかしつくづく思うのですが、日本人はもっと自国に対して興味を持ち考えるべきだと思います
アメリカが危機的なのは周知の通りなのですが、日本は恐らくアメリカ以上に危機的な状況です。

当ブログも含め、多くの情報は米国の危機ばかり伝えていますが、まずは日本の事を心配すべきだと思います。

|

« ブッシュ以上の庶民イジメ - 国債セールスマン オバマ | トップページ | ゴールドマンサックスらの情報格差問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/45731164

この記事へのトラックバック一覧です: 米CIT問題と日本のノンバンク問題④ - 総量規制とサラ金難民:

« ブッシュ以上の庶民イジメ - 国債セールスマン オバマ | トップページ | ゴールドマンサックスらの情報格差問題 »