« ハイブリットカーの凋落 | トップページ | 金融機関の公募増資 »

はっきり言え!

また鳩山総務大臣が日本郵政についてうだうだ言っています

「ガバナンス(企業統治)としてお辞めいただくのが当然のことだ。認可しない」と明言した。都内で記者団に語った。これに先立つ同日午前、記者団に「続投方針が決まった場合に辞任するのか」と聞かれると、「政治家の言葉は重い。私は信念を曲げることはしない。それで察してください」と述べ、続投方針が決まった場合に総務相を辞任する考えを示唆した。
>>郵政社長人事「認可せず」 総務相、西川氏続投なら辞任示唆

かんぽの宿問題は第三者委員会も「妥当」と言っていますし、自民党内部からも批判が出ています。
民営化したのに、まだ政府の持ち物とでも言うんですかね?

まあ、百歩譲って批判はいいとしても、どうもそこに信念を感じません
上述の記事を見ても、彼自身は一言も辞任するとは言っていません。
あくまで「察してください」との文言をマスコミが辞任と捉えているだけです。

信念があるのに、何故はっきり言わないのでしょう?
もし西川氏が再選しても「辞任するとは言っていない!」とでも言うつもりなんですかね。
この状況で辞めなければ批判されるだけなのに。

信念があるならもっとはっきり堂々として欲しいものです
そうでないと支持する気に全くならない。

渡辺善美さんが離党した時は、事前にはっきり「離党」すると言っていました。

ヴィジョンも無い、信念も無いではやはり政治には期待できません。
グローバル化がどうこう、格差が広がる云々も重要ですが、政治改革はどうあっても必要だと思います。

理系済:いい加減鳩山大臣が鬱陶しい
理系済:議員の個性は必要

|

« ハイブリットカーの凋落 | トップページ | 金融機関の公募増資 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/45226442

この記事へのトラックバック一覧です: はっきり言え!:

« ハイブリットカーの凋落 | トップページ | 金融機関の公募増資 »