« 英語版を作りました | トップページ | 小さい故に助かったラオックス - 蘇寧電器の進出 »

インサイダー大国日本

5年間で凡そ1000億円の粉飾決算をしたフタバ産業について、お上からのお裁きが下りました。

会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所):フタバ産業、決算訂正額が拡大 減額幅500億―1000億円規模に

証券取引等監視委員会は23日、フタバ産業が有価証券報告書に虚偽の記載をしたとして、同社に約1817万円の課徴金納付を命じるよう金融庁に勧告した。
>>フタバ産業に1817万円課徴金を 証券監視委、金融庁に勧告

こ、これだけ(lll゚Д゚)
5年間にわたり、のべ1000億円もの粉飾をしていたのに、たった2000万円ですか?
IHIの時もそうでしたが、これではやった者勝ちじゃないですか。

海外でも粉飾が起こることは有りますが、大概すっぱ抜かれたりしますし、お咎めもきついようです。
一方で日本では5年間も野放しの挙句、殆ど国民に知られること無くひっそりと処理ですか。

欧米先進国だと、粉飾にせよ良いニュースにせよ、メディアにすっぱ抜かれてすぐに市場に知れ渡ります。
しかし日本の場合は、ことネガティブなニュースは何年も一般人に知れ渡らないようです。

これでは情報量の多い機関投資家などがインサイダーをやりたい放題です。
インサイダーは何所でも起こりますが、起こりやすいのは情報の透明性が低いからでしょう。

日本の市場は信用できませんな。

|

« 英語版を作りました | トップページ | 小さい故に助かったラオックス - 蘇寧電器の進出 »

企業」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして。

 粉飾決算していても、決算で利益がでていれば、法人税を払わないといけません。

 粉飾していようがしていなかろうが、法人税払ってくれるのは、国家にとって、良い企業なので、粉飾していても、多分税務署は何も言いません。利益を過小評価している粉飾の場合は、税務署から執拗な調査を受ける羽目に陥ります。

 ライブドアも、あれだけ世間を騒がせていながら、税金関係で問題になった事はなかったと記憶します。

 粉飾していようが、法人税払っているのだから、国家としては、ありがたい企業。だから、罰金もたいした事無い、と言う構図があるように思います。

投稿: Jamira | 2009年6月24日 (水) 19時03分

税務署にとっては取れれば何でもいいんでしょうね。
粉飾だけではなく、オプションの認識についても途中で変えたりして、
重加算税まで取ろうとしていました。

しかし長期的に見て粉飾や不明瞭な税制が横行すれば、
日本に対する出資や企業進出に滞りが出るでしょうに。

ジャパンパッシングは自業自得なのかもしれません。
政府も国民も早くこの事に気付かねば、
大変なことになるでしょう。

投稿: なる | 2009年6月24日 (水) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/45434844

この記事へのトラックバック一覧です: インサイダー大国日本:

« 英語版を作りました | トップページ | 小さい故に助かったラオックス - 蘇寧電器の進出 »